最新記事

2016米大統領選

ドナルド・トランプが米既成政治に逆転勝利

2016年11月9日(水)19時52分
マシュー・クーパー

 メキシコとの国境に壁を築くという公約は、さすがに議会の承認なしにはできないだろう。だが法律の専門家によれば、不法移民の送還を迅速化し、不法移民の滞在を認めたオバマの大統領令を無効にし、テロ防止のために特定の国々からの移民の流入を禁止することは議会の承認なしでも可能だという。

【参考記事】トランプのメキシコ系判事差別で共和党ドン引き

 懲罰関税を課すと、外国政府に脅しをかけてきたトランプだが、これは議会の承認なしには不可能だ。1年5カ月に及ぶ選挙戦で訴えてきた大幅減税や「軍備増強」もそう。トランプは民主党ばかりか、共和党議員の抵抗に直面することになり、自身の政策を通すことも、最高裁判所の判事にお気に入りの人物を据えることも困難だろう(最高裁の判事には今年死去した保守派のヒーロー、アントニン・スカリア判事のような人物を指名すると公約している)。

ロシアとの連携を強化?

 テロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)との戦いでは、軍事作戦を短期間に集中的に実施し、シリア問題ではロシアとの連携を強化すると言ってきた。選挙戦中はロシアのウラジーミル・プーチンを褒めたたえ、民主党陣営だけでなく共和党からも激しい批判を浴びた。そのロシア政府は、アメリカの選挙に介入する目的で民主党全国委員会とクリントン陣営のスタッフのサーバーのハッキングを指示したと、アメリカの17の情報機関が断定している。

【参考記事】トランプはプーチンの操り人形?

 トランプは5人の子の父親で、長老教会派の信者である。ニューヨーク市民が大統領になるのは、リチャード・ニクソン(カリフォルニア州からマンハッタンに移り住み、68年の大統領選に勝利)以来だ。

 トランプはマンハッタンのミッドタウンに設置された会場で勝利演説を行ったが、そこからわずか3キロ程のハドソン川近くのコンベンションセンターでは、クリントンの勝利を祝うために集まった支持者たちが予想外の結果に肩を落としていた。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 6

    世界が知る「香港」は終わった

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月