最新記事

イタリア

お騒がせ元首相のベルルスコーニが80歳でついに諦観?

2016年10月12日(水)10時30分
カビタ・スラナ

Alessandro Bianchi-REUTERS

<あれだけイタリア政界をひっかき回したベルルスコーニ元首相が、80歳の誕生日を迎えて一番後悔しているのは、なんと「ACミランを強化できなかったこと」>(写真は、今年5月のローマ市長選で応援演説するベルルスコーニ)

 イタリア政界でもビジネス界でもスキャンダルの世界でも「精力的」に活動し続けた彼が、ついに引退か。

 先週、イタリアのシルビオ・ベルルスコーニ元首相が80歳の誕生日を迎えた。それを記念して行われたインタビューからは、彼が20年以上立ち続けた政界の表舞台から身を引きそうな雰囲気がひしひしと伝わる。

「人生において、年齢を気にしたことなど一度もなかった。いつでも40歳のつもりで生きてきた」と、ベルルスコーニは自ら所有するメディアの1つであるゴシップ誌「Chi」で語った。「だが病気になって手術を受け、強烈に自覚するようになった。私は80歳の老人なのだと」

 メロドラマ張りの性スキャンダルや他国の首脳相手でも躊躇しない粗野なジョークで悪名をはせたベルルスコーニは、5人の子供と10人の孫、それに31歳のガールフレンドと一緒に80歳の誕生日を静かに祝った。ロシアの親友ウラジーミル・プーチン大統領からバースデーコールも受けたらしい。

【参考記事】先進国イタリアの大惨事は腐敗と無能による人災?

 長年、政界で実力者として君臨しながらも、脱税事件で13年に有罪が確定し、2年間の公職停止に。以降は脇役に追いやられており、今年の夏に心臓手術を受けたこともそれに拍車を掛けた。

 だがベルルスコーニは、むしろ自らの消えゆく政治的影響力を気楽に静観しているようだ。「政治に情熱を傾けたことは一度もない」と、彼は言う。「政治がしてくれたことといえば、私から途方もない時間とエネルギーを奪ったことくらいだ」

 大炎上を起こした乱交パーティー「ブンガブンガ」は、ベルルスコーニの後悔度ではトップに上るように思える。少女買春と職権乱用で11年に起訴されると、彼の人気は急降下した(この事件は14年に無罪判決が出た)。

 だが実のところ、一番後悔しているのはサッカーだと、ベルルスコーニは語った。所有するサッカーチーム、ACミランの強化に十分力を入れられなかったことが悔やまれるという。同チームは今年7月、中国の企業連合に売却された。

「ここ数年のACミランに以前の強さがなかったのだとしたら、それは私が個人的に力を割けなかったからだ」とし、スキャンダルをめぐる捜査に時間と労力を奪われたせいだとぼやいた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 8
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 9
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 10
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 5
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 6
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 7
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 8
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 9
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中