最新記事

事件

ジョディ・フォスターを振り向かせるために大統領を撃った男の最後のラブレター

2016年7月28日(木)16時00分

Mario Anzuoni-REUTERS

<35年前、女優のジョディ・フォスターの気を引くためにロナルド・レーガン大統領の暗殺未遂事件を起こし、フォスターの心に恐怖とトラウマを残したストーカーのヒンクリーが来月、精神病院を退院することになった。以下は、ヒンクリーがレーガンを襲う1時間前までフォスターに書いていたラブレター>

 1981年3月30日、ジョン・W・ヒンクリーJr.はワシントンでロナルド・レーガン大統領(当時)とその側近3人を銃撃した。それから30年以上を刑務所の精神科病棟で過ごした後、ワシントン米連邦地裁は昨日、バージニア州ウィリアムスバーグの母と共に暮らしたいというヒンクリーの訴えに応じ、入院措置を来月解除すると決定した。危険性はなくなったという判断だ。1年後には、一人かグループホームで暮らせるようになる可能性もある。

 1981年4月13日、本誌は大統領を殺そうとしたこの男の特集を組んだ。以下はその抜粋だ。事件を起こす前に女優のジョディ・フォスターに書いた最後のラブレターだ。ヒンクリーは、映画『タクシードライバー』で娼婦役を演じたフォスターに一目惚れしてストーカーになり、大統領を殺せばフォスターに好いてもらえるという妄想を抱いていた。


やあジョディ、

 レーガンを暗殺しようとすれば、こっちが殺される可能性も大きい。だから今のうちに君に手紙を書いておく。

 知ってのとおり、僕は君のことをとても愛している。この数カ月、多くの詩や手紙やメッセージを送った。ひょっとしたら君が僕に興味を持ってくれるのではないかと思ったからだが、そうはならなかった。

 少なくとも君が僕の名前を知っていて、僕が君のことをどれほど好きかも知っていてくれているのは嬉しい。僕が君の家のドアの下や郵便受けに残したメッセージが迷惑だったのはわかっているが、僕にとってはこの方法が一番ラクに想いを伝えられる方法だった。

 君とは電話で2回話したけれど、君に直接自己紹介する勇気はどうしても出なかった。内気なせいもあるが、本当に君の邪魔をしたくなかったんだ。そして君の宿舎の周りを行き来しながら、僕は気づいた。僕は笑い者かもしれないが、世間話以上の存在だと。少なくとも君は、僕がずっと君を愛することを知っている。

 ジョディ、もし君の心を奪い、残りの人生を共に過ごせるなら、レーガンを殺す計画はすぐやめる。認めるよ。僕がこんなことをするのは、今すぐ君にわかってもらいたいから。君のためならこれだけのことができるんだということを、はっきりとわかってもらわなければならない。自分の自由やひょっとしたら命さえ犠牲にしても、君に僕のほうを振り向いてもらいたい。これから1時間後に、(レーガンのいる)ヒルトンホテルに向かう。

 ジョディ、お願いだから自分の心をよく見つめて、こんな歴史的偉業を果たす僕に、君の尊敬と愛を勝ち取るチャンスをくれ。

永遠の愛を、
ジョン・ヒンクリー


MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

※次号は9/25(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 6

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 7

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

  • 8

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 9

    男たちの女性差別がでっち上げた蔡英文の学歴詐称疑惑

  • 10

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 1

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 2

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 3

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月