最新記事

事件

ジョディ・フォスターを振り向かせるために大統領を撃った男の最後のラブレター

2016年7月28日(木)16時00分

Mario Anzuoni-REUTERS

<35年前、女優のジョディ・フォスターの気を引くためにロナルド・レーガン大統領の暗殺未遂事件を起こし、フォスターの心に恐怖とトラウマを残したストーカーのヒンクリーが来月、精神病院を退院することになった。以下は、ヒンクリーがレーガンを襲う1時間前までフォスターに書いていたラブレター>

 1981年3月30日、ジョン・W・ヒンクリーJr.はワシントンでロナルド・レーガン大統領(当時)とその側近3人を銃撃した。それから30年以上を刑務所の精神科病棟で過ごした後、ワシントン米連邦地裁は昨日、バージニア州ウィリアムスバーグの母と共に暮らしたいというヒンクリーの訴えに応じ、入院措置を来月解除すると決定した。危険性はなくなったという判断だ。1年後には、一人かグループホームで暮らせるようになる可能性もある。

 1981年4月13日、本誌は大統領を殺そうとしたこの男の特集を組んだ。以下はその抜粋だ。事件を起こす前に女優のジョディ・フォスターに書いた最後のラブレターだ。ヒンクリーは、映画『タクシードライバー』で娼婦役を演じたフォスターに一目惚れしてストーカーになり、大統領を殺せばフォスターに好いてもらえるという妄想を抱いていた。


やあジョディ、

 レーガンを暗殺しようとすれば、こっちが殺される可能性も大きい。だから今のうちに君に手紙を書いておく。

 知ってのとおり、僕は君のことをとても愛している。この数カ月、多くの詩や手紙やメッセージを送った。ひょっとしたら君が僕に興味を持ってくれるのではないかと思ったからだが、そうはならなかった。

 少なくとも君が僕の名前を知っていて、僕が君のことをどれほど好きかも知っていてくれているのは嬉しい。僕が君の家のドアの下や郵便受けに残したメッセージが迷惑だったのはわかっているが、僕にとってはこの方法が一番ラクに想いを伝えられる方法だった。

 君とは電話で2回話したけれど、君に直接自己紹介する勇気はどうしても出なかった。内気なせいもあるが、本当に君の邪魔をしたくなかったんだ。そして君の宿舎の周りを行き来しながら、僕は気づいた。僕は笑い者かもしれないが、世間話以上の存在だと。少なくとも君は、僕がずっと君を愛することを知っている。

 ジョディ、もし君の心を奪い、残りの人生を共に過ごせるなら、レーガンを殺す計画はすぐやめる。認めるよ。僕がこんなことをするのは、今すぐ君にわかってもらいたいから。君のためならこれだけのことができるんだということを、はっきりとわかってもらわなければならない。自分の自由やひょっとしたら命さえ犠牲にしても、君に僕のほうを振り向いてもらいたい。これから1時間後に、(レーガンのいる)ヒルトンホテルに向かう。

 ジョディ、お願いだから自分の心をよく見つめて、こんな歴史的偉業を果たす僕に、君の尊敬と愛を勝ち取るチャンスをくれ。

永遠の愛を、
ジョン・ヒンクリー


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロシア独立系紙編集長に罰金刑、報道で「軍の信用失墜

ワールド

英国で介護労働者ビザ発給数が倍増、スナク首相に圧力

ワールド

米環境保護局、炭素規制案から既存天然ガス発電所除外

ビジネス

中国製造業PMI、2月は49.1に低下 5カ月連続
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 2

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒーロー」ナワリヌイの正体

  • 3

    ゾンビ映画の父ジョージ・A・ロメロは「ホラーで社会風刺」にも成功した

  • 4

    NATO軍とロシア軍がウクライナで直接衝突する可能性…

  • 5

    「ボストンを変えた」交響楽団に音楽監督として乗り…

  • 6

    経済が下向きな上、政府は理不尽──外国人投資家が歴…

  • 7

    ロシアの脅威を知り尽くしたスウェーデンがNATOを強…

  • 8

    仏大統領のウクライナ派兵巡る発言、NATO諸国に…

  • 9

    生涯賃金から見える日本の学歴格差、男女格差、地域…

  • 10

    「50メートルごとに監視カメラ」...フランス人TikTok…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 7

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 2

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 3

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 4

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中