最新記事

人種差別

Airbnbに思わぬ差別の落とし穴

2016年6月9日(木)16時55分
スン・リー

Denis Balibouse-REUTERS

<黒人だとわかったら予約を取り消された──旅行者のそんな苦情からネットではAirbnbへの批判が殺到。会社は直ちに対策を打ち出したが、差別は今に始まったことじゃない。日々ユーザーの偏見に直面するビジネスの難しさが浮かび上がった> 写真はAirbnbのチェスキーCEO

「俺は黒人が嫌いだ。だからあなたの予約はなかったことにする」

 自宅レンタルをネットで仲介するAirbnb(エアビーエンドビー)を通じて部屋を予約した黒人女性に、ホスト側から送りつけられた人種差別的なメッセージをきっかけに、ここ1週間ほどソーシャルメディア上でAirbnbバッシングの嵐が吹き荒れている。

 対応を迫られたAirbnbは、毎年サンフランシスコで開催しているシステム開発者の会議、オープンエアでこの問題を取り上げた。

「はっきりさせておきたい。Airbnbは差別を容認しない。僕らのプラットフォームには差別と偏見が入り込む余地はいっさいない」

 会議の冒頭、ブライアン・チェスキーCEOはそう宣言。Airbnbは多様性をモットーとするサイトで、民族、ジェンダー、性的指向で借り手が差別されるようなことがあってはならないと語った。

【参考記事】土壇場の宿探しもAirbnbで簡単に
【参考記事】「シェアエコノミー」の世知辛い現実

 チェスキーは、今後数カ月かけてサイトの設計を「しらみつぶしに」検証すると約束。差別を受けた利用者からのフィードバックを載せることも検討しているという。

 Airbnbはトラブル発覚後すぐに、差別的なメッセージを出したノースカロライナ州の貸し手のホスト登録を抹消した。その時点でチェスキーはこの一件について「不快で、受け入れ難い」とツイート。ツイッター上では#Airbnbwhileblackのハッシュタグで関連ツイートが飛び交った。

白人と一緒に申し込み

 Airbnbのようはホームシェアリングの利用者が人種や性的指向を理由にホストから断られるケースは前々から問題になっていた。騒ぎをきっかけに、オンラインメディアは次々に同様のトラブルを報じた。ニュースサイトのフュージョンによると、アラブ系の名前をもつある大学教授は何度も予約を断られた挙げ句、白人の友人と一緒に申し込んでようやく受け入れられたという。

 訴訟に発展したケースもある。バージニア州の黒人男性は今年5月、人種を理由に数人のホストに予約を断られたが、Airbnbは何の対策もとらなかったとして、公正住宅法違反で同社を訴えた。この男性は試しに白人の写真を使い、偽のプロフィールで申し込んだところ、すんなり予約できたそうだ。

【参考記事】これが、旅のコストを下げる広告入りスーツケース

ニュース速報

ビジネス

英政策金利、0.1%が下限と認識=ラムスデン副総裁

ビジネス

中国指導部、重要会議で次期5カ年計画成長目標下げ承

ワールド

タイ、外国人の出国猶予と非常事態宣言を10月末まで

ワールド

韓国大統領、南北軍事ホットライン再開必要 射殺男性

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 7

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 8

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月