最新記事

旅行

これが、旅のコストを下げる広告入りスーツケース

好きな広告を選べ、手荷物料金まで負担してくれる旅行者のための次世代広告モデル

2015年10月24日(土)15時00分
Social Design News

有料だったとしても欲しい! こんなスーツケースが半年間無料で使える(こちらは6種類からデザインを選べるスーツケースの裏面) Orion Travel Tech-YouTube

 旅行に新たな広告モデルが登場する。

Orion」(クリックすると、サイトに繋がります)は、旅行用スーツケースにスポンサー企業の広告を貼り付けたものを、登録者に無料で提供するサービスを開始する。スーツケースは21インチと29インチのハードケースで、GPS機能や充電システム等も搭載されている点が特徴。また、広告の付いたスーツケースの利用者は、空港で支払う手荷物料金も無料になるという仕組みである。

こちらがスーツケースの表面で、最大50種類の広告キャンペーンからデザインを選べる Orion Travel Tech-YouTube

こちらがスーツケースの表面で、最大50種類の広告キャンペーンからデザインを選べる Orion Travel Tech-YouTube

 オンラインワーカーが増え、長期で世界を回る人も増えている。しかし大きなバッグはコストになる。これを広告で相殺していこうというモデルだ。ちなみにAirbnbを使う人は激増しており、今年は昨年の2倍となる8000万件を記録する可能性があるという。


 Orionは、完全無料ではなく半年間無料で、利用者はそれ以降、年間19.99ドル支払うことになる。それでも、大きな手荷物で世界をまわることが多い人にはメリットがあるはずだ。

 世界への旅がますます身近になる21世紀、そのコストをどのように安く済ませるかという問いに、ビジネスの種は眠っている。Orionの広告モデルはじわじわと普及するか。注目していきたい。

※当記事はSocial Design Newsの提供記事です
sdnlogo200.jpg


ニュース速報

ワールド

イスラエル首相、来週訪米 中東和平案協議の公算

ワールド

WHO、新型肺炎で緊急事態宣言見送り 情勢は緊密に

ワールド

中国河北省で新型肺炎患者死亡、武漢以外で初 国内1

ワールド

独首相、5G業者選定は「多様化重要」 1社完全排除

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 4

    「ゴーンは無罪の可能性高い」元特捜部検事が語る

  • 5

    「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 8

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 9

    ヘンリー英王子夫妻、王室離脱後の「人生設計」は?

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 6

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 7

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 8

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 9

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 10

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    韓国の自動車が危ない?

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月