最新記事

アメリカ社会

全米を揺るがすトイレ論争

2016年5月25日(水)17時15分
ブライアン・ローダー

Lucy Nicholson- REUTERS

<例えば、心は女性でも身体は男性、というトランスジェンダーが女子トイレや女子更衣室に日常的に入ってくるようになったら? 拒絶するのは差別、という米政府と、出生証明書の性別通りのトイレ使用を義務付けたノースカロライナ州との間で全米が見守る法廷バトルが始まった> 写真は性別に関係なく使えるトイレ

 心と体の性が一致しないトランスジェンダーの人たちの権利擁護に向けた分水嶺となりそうだ。オバマ政権は先週、全米の公立学校と大学に対して、トランスジェンダーの生徒・学生に、自身が認識する性別のトイレ使用を認めるよう義務付けるガイドラインを通達した。性による差別を禁じた連邦法の規定に基づく措置とのことだ。

【参考記事】性転換するわが子を守り通した両親の戦いの記録

「学校が性別ごとに異なる活動や施設を提供する場合、トランスジェンダーの生徒・学生は、自身の認識する性別の活動への参加と施設の利用を認められるべきである」と、ガイドラインは記している。つまり、トイレに加えて、更衣室やスポーツチーム、学生寮に至るまで、あらゆる活動や施設が対象だ。

従わなければ補助金打ち切りも

 ガイドラインに法的な拘束力はないが、差別的措置を続ければ訴訟や補助金打ち切りの可能性もあるという。同ガイドラインでは、医師の診断書の提出や出生証明書の性別変更も求めないとしている(現状では、出生証明書の性別変更は多くの州で不可能、または困難だ)。

【参考記事】ミシシッピ州で「反LGBT法」成立、広範な差別が合法に

 いまアメリカでは、トランスジェンダーのトイレ問題をめぐり激しい論争が起きている。発端は、3月にノースカロライナ州が出生証明書の性別に基づくトイレ使用を義務付ける州法を制定したことだ。それに反発した有名ミュージシャンらが同州での公演を取りやめたほか、米大統領選で共和党候補者指名を確実にしたドナルド・トランプも州法を批判した。

 米司法省は、公民権法違反を理由に州法の執行停止を求めて裁判所に提訴。州政府が反訴で応じ、司法省との訴訟合戦に発展中だ。

 今回の通達でオバマ政権は、トランスジェンダーの尊厳を守る姿勢をいっそう明確に打ち出した格好だ。通達はきっぱりとこう述べている。「一部の人が不快に思うからという理由で、特定のグループの生徒・学生だけに不利益を課すことは正当化できない」

© 2016, Slate

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 2

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 3

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 4

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    連続爆発テロ:スリランカはなぜ狙われたのか

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月