最新記事

テロ

自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

Boko Haram's Suicide Girls Not to Blame for Deaths: U.N. Official

少女に爆弾ベルトを巻いて遠隔操作で起爆するボコ・ハラムの非道

2015年12月17日(木)17時15分
コナー・ギャフィー

いたちごっこ 6人が死んだ自爆テロの現場に駆け付けた政府軍の兵士たち(ナイジェリア北部の都市カノ) Stringer-REUTERS

 いたいけな少女に自爆テロをさせるのはナイジェリアのイスラム過激派ボコ・ハラムの常套手段だ。多くの場合、子供は何も知らずに利用されていると、国連スタッフが15日に記者会見で訴えた。

 ボコ・ハラムはナイジェリア北東部から近隣のチャド、カメルーン、ニジェールに攻撃範囲を広げ、村々を襲撃して誘拐した子供をテロ要員に仕立てている。先月18日にナイジェリア北部の主要都市カノで起きた女2人による自爆テロでは、確認されただけで14人が死亡。女の1人は11歳くらいの少女とみられている。今月5日にはチャド湖の島で女3人が自爆し、少なくとも30人の死者が出た。ボコ・ハラムは7歳の少女に自爆テロをさせたこともある。

解放された人質200人の大半が老人と子供

 レイラ・ゼルーギ国連事務総長特別代表(児童と武力紛争担当)は、子供たちが強制的に自爆攻撃に駆り出されている現状を記者会見で訴えた。子供たちの多くは「自分の体が吹き飛ぶことになるとは知らずに」、爆弾ベルトを巻かれ、人込みに立たされる。治安当局によると、ボコ・ハラムの自爆テロは遠隔操作で起爆するケースが多く、「本人の意志による爆発ではないことは明らか」と、ゼルーギは指摘する。

 ナイジェリアのムハンマド・ブハリ大統領は年末までにボコ・ハラムの支配地域をすべて奪還すると公約しているが、09年から武装闘争を展開するボコ・ハラムの攻撃はいっこうに止まる気配がない。

 AFPによると、ボコ・ハラムは先週末、ナイジェリア北東部の3つの村を襲撃し、30人の住民を殺害した。ナイジェリア政府軍が攻勢を強めたことへの報復だと村人たちはみている。政府軍が北部で実施した人質救出作戦では、ボコ・ハラムに拉致されていた人質210人(大半は高齢者と子供)が解放され、ボコ・ハラムの戦闘員はボルノ州のサンビサ森林地帯の拠点に撤退した。それでもナイジェリアの首都アブジャをはじめ、テロは頻発し続けている。

 6年に及ぶボコ・ハラムの攻撃による死者は1万7000人以上。国内避難民は200万人を超える。ブハリ大統領は今月10日、年明けから避難民の帰還に「全力で」取り組むと宣言した。

ニュース速報

ワールド

イタリア連立協議難航、ベルルスコーニ氏は五つ星運動

ビジネス

物価2%は道半ば、達成まで金融緩和継続─黒田日銀総

ワールド

中国、北朝鮮からの1─3月輸入は人民元建てで前年比

ワールド

北朝鮮の交通事故で中国人旅行客に多数の死者=中国外

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打…

  • 5

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    世界で50年ロングセラーのバッグが、なぜ今の日本人…

  • 8

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月