最新記事

アメリカ政治

支持者は歓迎、トランプ「イスラム入国禁止」提案

日系人収容などの歴史も持ち出し非難をかわすトランプの戦略は案外うまくいきそう?

2015年12月9日(水)17時00分
ジャック・マルティネス

熱狂 サインをせがむトランプ支持者 Mark Kauzlarich-REUTERS

「何も問題はない。正しいことをしているだけだ」

 8日朝、CNNのクリス・クオモから受けたインタビューで、共和党の大統領候補指名を目指すドナルド・トランプは確かにこう言って、イスラム教徒のアメリカ入国を完全に禁止すべきだという前日の発言を擁護した。

 メディアと民主党は激しく反発。共和党の大統領選候補の一部からも厳しい批判の声が上がった。しかし、共和党支持者の間では、これでトランプ人気が一層高まるかもしれない。

 トランプは7日晩、サウスカロライナ州で行われた集会で、その短い声明を一言一句そのままに読み上げた。「米当局が問題を分析できるまでの間」全てのムスリムを入国禁止にせよ──聴衆はスタンディングオベーションでこれに応えた。

 サウスカロライナ州の集会を取材したCNNは、その場にいたトランプ支持者たちの熱烈な反応を報じている。イスラム教は「血のカルトだ」と言った支持者もいた。

 こうした支持者の存在のせいか、マルコ・ルビオやテッド・クルーズなどトランプと争っている共和党候補のうち数人は、入国禁止の過激な提案にも控えめな反応しか示していない。かねてからトランプ批判に最も消極的だったクルーズは、「私の政策とは違う」とコメントしたきりだ。

 トランプが選挙戦で反イスラム政策を打ち出したのはこれが初めてではない。いや、いくつもある。モスク(イスラム礼拝所)を監視対象にし、ムスリムをデータベースに登録せよと主張したこともあるが、それはナチスがユダヤ人に身分証明のための星章を付けさせたのと同じだ、と批判を浴びた。

 反イスラム感情が共和党の選挙集会で話題になるのも初めてではない。2008年にジョン・マケイン共和党候補が、バラク・オバマは「アラブ人だ」と言った支持者をいさめ、オバマはアラブでもムスリムでもないし、いい人物だと聴衆に語ったのは有名な話だ。

「ルーズベルトはもっとひどかった」

 トランプは、アメリカに住むイスラム教徒の多くがアメリカへの報復を狙っていると言う。それは事実から程遠いとしても、今のアメリカでこうした政策が支持を集めやすいのも事実だ。

 トランプは、「ルーズベルトがやったことはもっとひどかった」とも言っている。第2次大戦中に日系人を強制収容所を入れた政策のことだ。

 不法移民対策の好例としてメキシコからの不法移民をトラックに乗せて一斉検挙したアイゼンハワーの「ウェットバック作戦」を称賛したのと同様、歴史を持ち出すことでトランプの提案には前例がないと批判されるのを避ける狙いがある。

 CNNのインタビューで、トランプはこう述べた。

「私は昨晩、聴衆の前で話した。実際、すごい数の聴衆だった......口に出した途端、スタンディングオベーションだ......彼らは賢明な人たち、この国の市民たちだ」

ニュース速報

ワールド

豪、ファイザーのコロナワクチン審査を1月までに終了

ワールド

米運輸省、航空機内に同伴可能な介助動物を訓練された

ビジネス

日銀の政策運営、金融緩和の持続力・柔軟性が改めて重

ワールド

ジスカールデスタン元仏大統領が死去 新型コロナで 

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期政権はどう向き合うべきか?

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    トランプが敗北してもアメリカに残る「トランピズム…

  • 6

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 7

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 8

    カリブ海の深海で熱気球のような新種の有櫛動物が発…

  • 9

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 10

    コロナ感染の母から生まれた新生児、抗体もちながら…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月