最新記事

歴史問題

中台密談で歴史問題対日共闘――馬英九は心を売るのか?

2015年11月11日(水)18時42分
遠藤 誉(東京福祉大学国際交流センター長)

総統選を睨んで 習近平との歴史的会談のためシンガポールに到着した馬英九 Jeremy Lee- REUTERS

 7日の中台トップ非公開会談で、台湾の馬英九総統(国民党)が歴史問題に関し対日共闘を誓っていた。9月3日の軍事パレード前夜、国民党の連戦元主席と中国の習近平国家主席の会談でも約束。馬氏は心を売るのか?真実を訴えるのか?習氏の対日包囲大戦略は?

馬氏は北京政府に心を売るつもりか?

 11月9日、台湾の行政院大陸委員会が、7日に行われた馬習会談(馬英九・習近平会談)の中の、報道陣に非公開で行われた、いわゆる「密談」の部分をネット公開した。馬習会談は冒頭部分を報道陣に公開し、その後はドアを閉じて密室会談を行っている。本来なら、報道陣に非公開なので、道義上、30年ほど後ならばいざ知らず、すぐにネット公開すること自体、問題があるが、われわれとしては中台のゆくえと習近平の魂胆が読めるだけに、ありがたいのはありがたい。

 そこで、馬氏が習氏に密室で語った歴史問題の関連部分だけを、まずは忠実に日本語訳する。

――歴史文化部分に関してですが、習先生が2カ月前に提案なさった抗日戦争の歴史資料を共有し、ともに抗日戦争史を描いていこうという建議に対して、われわれは開放的な態度を保っています。そして「対等互恵、档案(ダンアン)(ファイルとか資料のこと)公開、禁区を設けない、自由に研究する」という4つの原則のもとに民間の共同作業を行いたいと思っています。われわれは、双方が誠実に歴史を直視し、両岸人民の距離を近づけ、共同の歴史記憶を構築し、両岸関係の平和的発展を願っています。

 馬氏が「習先生が2カ月前に提案した」と言っているのは、今年9月1日に台湾国民党の元主席だった連戦氏が、人民大会堂で習近平氏と会談したときのことを指す。

 連戦は9月3日に天安門広場で行われる抗日戦争70周年記念の軍事パレードに参加するために8月末から北京入りしていた。そして9月1日に人民大会堂で習近平氏と対談したのだが、そのときに習近平氏は、「中台共同で抗日戦争史を描いていこうではないか」と提案している。

 連戦氏に呼びかけるときに、習近平氏は台湾の学者たちが「習近平の講話」に関する解説を行っていることに触れた。

「習近平の講話」とは、今年7月30日に開催された中国共産党中央委員会(中共中央)政治局の第25回集団学習において話した「抗日戦争史に関する客観的研究を徹底して深めていかなければならない」という講話のことだ。

ニュース速報

ワールド

ロシア製ミサイルは破棄しないと米大統領に言明=トル

ビジネス

大型台風で損保の保険金8000億円超に、保険料上げ

ビジネス

アングル:任天堂が国内初の直営店、「非ゲーマー」と

ワールド

中国、香港行政長官に引き続き確固たる支援=外務省

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている

  • 2

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 3

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 4

    米中貿易協議は既に破綻しかけている

  • 5

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 6

    香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

  • 7

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 8

    北京、動くか 香港デモ

  • 9

    香港の若者が一歩も退かない本当の理由

  • 10

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 3

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 7

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 8

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 8

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月