最新記事

ヨーロッパ

英仏海峡の高速鉄道、屋根に難民!で緊急停止

英仏海峡トンネルを通って豊かなイギリスを目指す難民の津波に当局はお手上げ

2015年9月3日(木)16時52分
フェリシティ・ケーポン

決死の覚悟 列車でトンネルを渡ろうと線路内に入る難民たち Juan Medina-REUTERS

 中東や北アフリカから逃れてきた難民たちがまた、パリ発ロンドン行きの高速列車ユーロスターに命懸けで乗り込もうとした。

 火曜の深夜、英仏海峡トンネルに近い線路内で人が目撃され、ユーロスターは緊急停止。パリ行きとロンドン行きの各1本が始発駅に引き返し、1本がトンネルのフランス側で立ち往生した。2000人前後の乗客が影響を被ったという。

 トンネルの運営会社ユーロトンネルの公式ツイッターによると、列車の屋根の上に人が乗っている、と乗客から通報があって密航に気付いた。トンネル手前で停止した列車の乗客によると、「耳を澄まして、列車に登ろうとしている物音がしたら通報してほしい」と指示されたという。警察のヘリコプターがサーチライトで列車の屋根を照らし、捜査員が線路内に人がいないか調べた。

 ヨーロッパ大陸に逃れてきた難民の多くは、よりよい生活を求めてドイツかイギリスを目指す。英仏海峡トンネルのフランス側の出入り口に当たる都市カレーには難民が殺到。トラックや列車に乗ってイギリス側へ密航しようと道路沿いで野営するなど、以前から当局を悩ませていた。

 ユーロスターの広報担当ジョン・キーフによると、「カレーの港とトンネル入り口付近での警備が強化されたため、難民や移民は約5キロ内陸の駅に集まるようになった」という。「彼らは線路内に立ち入って列車を止め、その隙に乗り込もうとするが、移民を乗せて列車を走らせるわけにはいかない」

 停止した列車では、捜査員が車内を調べる間、「5時間くらい停電になった」と、乗客はBBCに語った。「真っ暗でエアコンも切れて、ドアを開けてはいけないと言われたので密室状態だった」

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏小売売上高、5月は前月比+17.8% 都市

ワールド

イベント制限緩和で了承、緊急事態時と「状況異なる」

ビジネス

JAL、7月にシンガポール線など国際線の一部復便 

ワールド

台湾外交部、ダライ・ラマ14世の訪問実現なら歓迎の

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    新型コロナのワクチンはいつになったらできる?

  • 5

    韓国、Netflix急成長にタダ乗り議論で法改正 政府は…

  • 6

    オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

  • 7

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染111人 4日連続3…

  • 10

    「バイデン大統領」に備える投資家 ドル売りに米株保…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 7

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月