最新記事

トレンド

大人のぬり絵が世界で売れる理由

More Addictive Than Smartphones

嫌な日常は忘れて『ひみつの花園』や『ねむれる森』に没頭しよう!

2015年6月10日(水)12時00分
クリスティン・ホエンナデル

不思議な魅力 バスフォードの新著『ねむれる森――夢いっぱいのぬりえブック』は前作同様ベストセラーに COURTESY JOHANNA BASFORD/LAURENCE KING

 赤ちゃん返り、とまでは言わないが、最近は大人が子供の遊びを本気で楽しむのがはやっているらしい。ニューヨークのブルックリンには、大人のための幼稚園がオープンして大盛況だという。

 英ガーディアン紙によると、イギリスのアマゾン・ドットコムでは一時、大人向けのぬり絵本がベストセラーの半分を占めた。なかでも注目を集めているのは、スコットランド出身のイラストレーター、ジョハンナ・バスフォードのぬり絵本だ。

 13年に刊行された『ひみつの花園──花いっぱいのぬりえブック』(邦訳・グラフィック社)は、世界で約150万部が売れるベストセラーに。今年刊行の新作『ねむれる森──夢いっぱいのぬりえブック』(同)も、既に飛ぶように売れている。

海外でも人気 バスフォードのぬり絵本は世界で150万部近く売れている COURTESY JOHANNA BASFORD/LAURENCE KING

海外でも人気 バスフォードのぬり絵本は世界で150万部近く売れている COURTESY JOHANNA BASFORD/LAURENCE KING

 2冊の本に共通するのは、白い紙に黒いインクで手の込んだイラストが描かれていること。森や動物や城など、おとぎ話の一場面のようなイラストが見開きいっぱいに広がっている。そこに色を塗り始めると、時間がたつのも忘れてしまう──そんな大人が増えている。

 ぬり絵は超アナログな作業だが、思い思いの色に仕上げたイラストをソーシャルメディアに投稿する人も少なくない。バスフォードも読者から寄せられた「完成図」を自分のウェブサイトで公開している。

 バスフォードは昔から「ぬり絵作家」だったわけではない。手描きの壁紙作家をしていたとき、出版社ローレンス・キングの編集者の目に留まり、子供向けのぬり絵本を出さないかと提案を受けた。

「私の作品は白黒の素描画で、『あなたの絵って、ぬり絵をしたくなるのよね』と、以前からクライアントに言われていた」と、バスフォードは語る。「だから(子供向けではなく)大人向けのぬり絵本にしたら面白いんじゃないかと提案した」

ニュース速報

ワールド

英国のラーブEU離脱担当相、交渉合意に自信 欧州側

ワールド

対米投資審査厳格化で合意、国防権限法案に盛り込み=

ワールド

原油先物上昇、サウジが8月の輸出減少見通し示す

ワールド

米ロ首脳会談で「何が起きたか知らない」=米国家情報

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    ロシア、兵士や戦車を隠す「透明マント」を開発

  • 4

    ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

  • 5

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失…

  • 6

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 7

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 8

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 9

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 10

    自殺教唆ゲーム『ブルーホエール』プレイ後、子供2人…

  • 1

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 2

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 3

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 4

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 5

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 6

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 9

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 10

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 6

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 7

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月