最新記事

トレンド

大人のぬり絵が世界で売れる理由

嫌な日常は忘れて『ひみつの花園』や『ねむれる森』に没頭しよう!

2015年6月10日(水)12時00分
クリスティン・ホエンナデル

不思議な魅力 バスフォードの新著『ねむれる森――夢いっぱいのぬりえブック』は前作同様ベストセラーに COURTESY JOHANNA BASFORD/LAURENCE KING

 赤ちゃん返り、とまでは言わないが、最近は大人が子供の遊びを本気で楽しむのがはやっているらしい。ニューヨークのブルックリンには、大人のための幼稚園がオープンして大盛況だという。

 英ガーディアン紙によると、イギリスのアマゾン・ドットコムでは一時、大人向けのぬり絵本がベストセラーの半分を占めた。なかでも注目を集めているのは、スコットランド出身のイラストレーター、ジョハンナ・バスフォードのぬり絵本だ。

 13年に刊行された『ひみつの花園──花いっぱいのぬりえブック』(邦訳・グラフィック社)は、世界で約150万部が売れるベストセラーに。今年刊行の新作『ねむれる森──夢いっぱいのぬりえブック』(同)も、既に飛ぶように売れている。

海外でも人気 バスフォードのぬり絵本は世界で150万部近く売れている COURTESY JOHANNA BASFORD/LAURENCE KING

海外でも人気 バスフォードのぬり絵本は世界で150万部近く売れている COURTESY JOHANNA BASFORD/LAURENCE KING

 2冊の本に共通するのは、白い紙に黒いインクで手の込んだイラストが描かれていること。森や動物や城など、おとぎ話の一場面のようなイラストが見開きいっぱいに広がっている。そこに色を塗り始めると、時間がたつのも忘れてしまう──そんな大人が増えている。

 ぬり絵は超アナログな作業だが、思い思いの色に仕上げたイラストをソーシャルメディアに投稿する人も少なくない。バスフォードも読者から寄せられた「完成図」を自分のウェブサイトで公開している。

 バスフォードは昔から「ぬり絵作家」だったわけではない。手描きの壁紙作家をしていたとき、出版社ローレンス・キングの編集者の目に留まり、子供向けのぬり絵本を出さないかと提案を受けた。

「私の作品は白黒の素描画で、『あなたの絵って、ぬり絵をしたくなるのよね』と、以前からクライアントに言われていた」と、バスフォードは語る。「だから(子供向けではなく)大人向けのぬり絵本にしたら面白いんじゃないかと提案した」

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 8

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 9

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 10

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月