最新記事

米外交

イラク支援は「必要最低限」、オバマの冷徹な計算

バグダッドへの軍事顧問派遣で本格介入への懸念が高まるが

2014年7月1日(火)16時11分
ウィリアム・サレタン

マリキの敵 イラクと隣国シリアで勢力拡大していた過激派組織ISISは先週末、「イスラム国家」の樹立を宣言した(シリアの町ラッカで) Reuters

 イラク情勢が風雲急を告げるなか、オバマ米大統領は先週、首都バグダッドに軍事顧問を派遣すると発表した。これに対して本格的な介入につながるとの懸念が高まっているが、オバマはブッシュ前大統領のイラク介入との違いを明確にし、国民の理解を求めた。重要なポイントを押さえておこう。

1)イラク侵攻は誤りだった

オバマは今回の発表をこう締めくくった。「私たちはイラクにおけるアメリカの戦争が残した深い傷痕を痛感している......過去10年で明らかになったのは、外国で行動する際、特に軍事的行動を起こす際には厳しい自己検証が必要だということだ」

 これは新保守主義者(ネオコン)に対するあからさまな反撃だ。ネオコンはブッシュの「勝利」をオバマが無駄にしたと叫んでいるが、オバマに言わせれば、イラクを破壊したのはネオコンであり、自分がその後始末をさせられている。

 国民の間に広がる厭戦ムードに後押しされ、オバマは大胆にブッシュの戦争を批判するようになった。ここで難しいのが、「米兵の死は無駄だった」と受け取られるような発言は避けなければならないこと。発表後の質疑応答でオバマはイラクの国家建設のために「米兵が多大の努力と犠牲を払ったことの意義を立証」したいとも語った。

2)守るのは首都だけ

米軍は「バグダッド周辺」に的を絞り、武装勢力の侵入を防ぐと、オバマは明言した。

 これは費用対効果を考慮した決定だ。ISIS(イラク・シリア・イスラム国、別名ISIL)が制圧した地域の奪還は米軍の仕事ではないと、オバマはクギを刺した。党派対立に明け暮れるイラクの指導層が政治的に歩み寄って初めて、国全体を統治できるという。

3)当事国の自助努力を促す 

「最終的には、これはイラクの人々が解決すべき問題だ」とオバマは言う。支援は行うが、当事国の主体的な努力が最善の結果を生むと力説した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

デンマーク、ロシア産原油輸送の「影の船団」阻止を検

ワールド

ロシア拘束の米記者、スパイ容疑の審理非公開で実施 

ワールド

NATO加盟20カ国超、24年に国防費2%目標達成

ワールド

米印、貿易や産業協力の障壁巡り対応へ 「技術流出防
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 5

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 6

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 7

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 8

    ジョージアはロシアに飲み込まれるのか

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    長距離ドローンがロシア奥深くに「退避」していたSU-…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中