最新記事

国際問題

アフリカ人差別丸出し韓国たばこ驚きの広告

Going Ape

チンパンジーで黒人をイメージさせた絵柄に非難続出

2013年11月7日(木)16時50分
パラシュ・ゴシュ

 韓国で驚きの広告キャンペーンが物議を醸している。広告主は年間20億ドル以上の売上高を誇る韓国たばこ最大手のKT&G(旧韓国たばこ人参公社)。新銘柄「This Africa(ディス・アフリカ)」の広告で、アフリカ人をチンパンジーに見立てた絵を用いたのだ。服を着たチンパンジーに、キャッチコピーは「アフリカが来る!」。

 アフリカを前面に押し出したのは、この新商品にアフリカ産のタバコの葉を用いているから。パッケージにはタバコの葉をあぶるサルが描かれ、この銘柄は韓国全土のコンビニに置かれている。「KT&Gの絵柄は侮辱的で、気分を害さずにはいられない」と、たばこ規制団体「アフリカ・タバコ規制同盟(ATCA)」は広告中止を求めた。「アフリカをこけにしながら、死をもたらし得る商品を売り込むとは言語道断だ」

 ATCAに言わせれば、KT&Gがアフリカのイメージを悪用するのは、文化的な鈍感さの表れだ。「もっと悪く言えばアフリカが何十年も直面してきた迫害と搾取の新たな形を意味する。韓国国民に死を売るような商品に、アフリカの名を使われたくはない」

 国際機関で働く韓国人高官は、匿名を条件に英字紙コリア・タイムズにこう語った。「奴隷貿易時代のアフリカ大陸の歴史について基本的知識があれば、ヨーロッパの植民地主義者がどのように差別を正当化していたかを知っているはずだ」。「アフリカの人々をサル並みの知性と能力しかない人間以下の存在と見なしていたのだ。韓国人は自国の歴史や文化が他国から少しでも軽視されるとすぐに憤るのに、アフリカ人は憤らないと思うのは身勝手な話だ」

根深い黒人への差別感情

 こうした抗議を受け、KT&Gは広告を10月いっぱいで中止すると発表。事態を「遺憾」だとし、「人種差別的だという懸念を払拭したい」と釈明した。「私たちは誰かを傷つけるつもりはなかった。サルを選んだのはアフリカ人を思わせる楽しい動物だから。この商品はアフリカの伝統的なロースト製法で乾燥させたタバコの葉を含むので、アフリカの自然を象徴するイメージを採用しようとしただけ」

 広報担当者によると、広告のデザイン過程にはイギリスのグラフィックデザイナーも参加していたという。しかし「誰も人種差別的だとは考えなかったため、批判は予想外だった」という。今のところ、箱の絵柄を変更する予定はない。

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀次期総裁、劉鶴政治局委員が最有力=関係筋

ビジネス

米政権、北朝鮮に大規模な制裁 船舶・海運会社など対

ビジネス

アングル:欧州企業の業績上振れ鮮明、通期2桁増益予

ビジネス

日産とDeNAが実証実験、「技術革新の先」の移動サ

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 7

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 8

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 9

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 10

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 7

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊 トランプ

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月