最新記事

財政危機

ギリシャ極右の危険な躍進

国民の不満を移民に向けるネオナチ政党が議会入り

2012年8月2日(木)16時38分
バービー・ラッツァ・ナドー

国政進出を祝う極右「黄金の夜明け」の党員たち Grigoris Siamidis-Reuters

 気温30度を超えたむっとする暑さの中、尿と汗の混じった臭いが開いた窓から漂ってくる。窓には汚れたメッシュのカーテン。その下には、水が半分入ったペットボトルが置かれている。

 ここはギリシャの首都アテネ中心部のフィリス通りにあるアパート。不法移民20人以上が暮らし、4つの寝室で交代で睡眠を取る。中の様子を聞かれた男は「路上よりはまし」と答えた。

 数ブロック行くと半開きのドアが並んでいる。ドアの上の裸電球が点灯していれば売春宿は営業中だ。いろんな民族や年齢の女たちが窓から顔をのぞかせる。観光客の訪れない市内のこうした場所で、推定100万人の不法移民が働きながら暮らす。

 近頃のアテネは移民にとって危険な町だ。極右政党「黄金の夜明け」が躍進した5月の総選挙以来、移民を標的とする襲撃事件が倍増。アフガニスタン系移民団体の代表レザ・ゴラミも日刊紙に「状況は悪化している。殴打事件が毎日起きている」と語っている。

 5月31日の夜には、ネオスコスモス地区の通りに立っていたアルバニア人男性が、オートバイに乗った覆面男に剣で刺され、胸から背中へ貫通する大けがを負った。その20分後にも、同じ界隈でポーランド人男性2人が刃物で切り付けられた。翌日には市内の地下鉄駅で、バングラデシュとパキスタン出身の男性が刃物で襲われた。

 ネオナチ政党ともいわれる「黄金の夜明け」は6月の再選挙で得票率6・92%、18議席を確保。すべての移民を国外追放し、国境地帯に地雷を敷設するという過激な公約にもかかわらず、初の議会入りを決めた。

 6月初めには生中継のTV番組で、党広報担当のイリアス・カシディアリス議員が討論相手の女性議員にコップの水を浴びせ、別の女性議員を平手打ちする暴挙に出た。それでも一部国民の強い支持は変わらなかった。

犯罪も失業も移民のせい

 再選挙の日の夜、ニコラオス・ミハロリアコス党首は「今日の投票で、国粋主義運動が浸透していることが示された。黄金の夜明けはギリシャの将来を象徴している」と語った。そのときの机上には、ナチスを連想させる鷲の像が置かれていた。

 実際、不法移民を不快に思う国民は多い。イタリアやマルタが昨年、主に北アフリカ難民の流入防止策を強化したため、ギリシャはアフリカ、アジア、中東から欧州へ渡る移民の玄関口になった。EUの欧州対外国境管理協力機関FRONTEXによると、今や欧州の不法移民の90%近くがギリシャ経由だ。

 昨年、ギリシャへ不法入国した移民は13万人。そのせいで犯罪が急増し、彼らが闇市場における不法就労の担い手となっているために失業率が上昇した、と非難の声が上がっている。

 4月には、1000人収容可能な不法移民仮収容所がアテネ西部に開設された。収容者はいつか本国に送還される。そこに入り切らない人々はアテネや海岸沿いの町々で路上生活を送りながら、農場や漁船で働く。

 再選挙の前週、ピレアス港付近の自宅を暴徒に襲撃されたエジプト系3世の漁師(28)は、あごと鼻を骨折する大けがをした。当局によれば彼は合法的な居住者で、税金も納めてきた。子供3人は近くの学校に通い、妻は地元の薬局に勤めている。

 事件の翌日、「黄金の夜明け」のイリアス・パナギオタロス候補は支持者に、ギリシャをよそ者から取り返すための戦争が始まったと宣言した。「われわれが議席を獲得したら、病院や幼稚園を強制捜査して移民とその子供を路上に放り出す。空いた場所はギリシャ人のものだ」

[2012年7月 4日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

英当局、ファイザーの新型コロナワクチン承認 JN.

ビジネス

米ワイン大手ビンテージが破産法適用申請、飲酒習慣変

ビジネス

中国人民銀、予想外のMLF資金供給 金利引き下げ

ワールド

カナダ西部で山火事広がる、避難地域拡大 石油生産に
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中