最新記事

航空機事故

墜落ロシア旅客機はなぜインドネシアに?

悲劇の事故で浮き彫りになった「航空機メーカーのフロンティア」事情

2012年5月14日(月)16時42分
パトリック・ウィン

市場開拓 パリ航空ショーで飛行するロシア製旅客機「スホイ・スーパージェット100」(09年) Pascal Rossignol-Reuters

 先週、世界に衝撃を与えたロシア製旅客機「スホイ・スーパージェット(SSJ)100」の墜落事故。9日午後2時頃、デモ飛行のためインドネシアの首都ジャカルタのハリム空港を離陸したが、数十分後に消息を絶った。その後の捜索により、ジャワ島西部のサラク山で遺体や墜落機の破片などが発見された。

 乗っていたのはロシア大使館職員やインドネシアの航空会社関係者、メディア関係者など45人以上。生存者はいないとみられている。

 それにしても、なぜこのSSJ100はデモ飛行の場所にインドネシアを選んだのか。

 実は大手航空機メーカーにとって、インドネシアは世界でも指折りの成長市場。SSJ100を開発したロシアのスホイ社も、新規顧客の開拓を狙ってデモ飛行を行ったとされる。スホイ社はもともと戦闘機の製造で知られるメーカーだが、SSJ100は同社初の短・中距離用の旅客機だ。

国際空港の旅客数は急増

 世界第4位の人口を抱えるインドネシアでは、中流層の成長が著しい。さらに、多くの島々から成る島国のため、国内の移動手段として最も効率的なのは航空機だ。中流層が航空券を買えるくらいの経済力を手にしたら、需要は一気に拡大するだろう。

 既にその兆しはある。地元紙のジャカルタ・グローブによれば、ジャカルタ郊外にあるスカルノハッタ国際空港の旅客数は、01年の1200万人から昨年には5000万人に増えたという。これは、ASEAN(東南アジア諸国連合)内でもダントツの増加率だ。

 今回の墜落事故で、スホイ社は急降下を強いられるだろう。それでも、航空機を欲しがるインドネシア市場の勢いは今後も止まらなさそうだ。

From GlobalPost.com

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ

ビジネス

決算本格化へ、23日はテスラとアルファベット=今週

ワールド

アングル:気候変動と農地拡大、アマゾン地域に迫る「
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…
  • 9
    世界で最も美しいAIが決定...初代「ミスAI」はモロッ…
  • 10
    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中