最新記事

音楽

肉食系レディー・ガガのもう一つの顔

若者から絶大な支持を集める真の理由は、孤独やコンプレックスに悩む「はみ出し者」たちにひたすら自己肯定を説くから

2011年7月11日(月)12時32分
ラミン・セトゥデ(エンターテインメント担当)

弱者の味方 過激なパフォーマンスとは裏腹に、若いファンに対し「ありのままの自分でいい」というメッセージを発し続けるレディー・ガガ Issei Kato-Reuters

 レディー・ガガはマドンナのパクリだという批判はよく耳にする。しかし本当はむしろ、人気テレビ司会者オプラ・ウィンフリーのパクリだと言うべきかもしれない。

「自分らしく自分を愛し、誇りを持って。あなたはこんなふうに生まれてきたのだから」と、オプラは25年続いたトーク番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』の最終回でファンにこう語り掛けた......。いや違う、オプラじゃない。これはレディー・ガガが別の番組で語った言葉だった。ガガは大きな鼻と出っ歯のせいでいじめられた子供時代を告白し、「学校でいじめられると一生引きずる」と述べた。

 一部で酷評されながらも、最新アルバム『ボーン・ディス・ウェイ』が大ヒットしているのはなぜか。その理由を知りたいなら、ガガの歌声ではなくその「説教」に耳を傾けなければならない。

「私も昔は勇敢じゃなかった。今夜は不安なんて全部忘れて」と先日、ガガはオハイオ州クリーブランドでのコンサートでファンに語り掛けた。「自分が受け入れられていないような気分にさせられる相手がいたら、無視していいのよ」。ガガは「リトルモンスター」と呼ぶ自分のファンに向かって、そんな話を繰り返した。

はみ出し者の心を照らす

 オプラが中年の主婦や失業中の男性向けにやっているのと同じように、ガガは若い世代にお手軽な心の道しるべを提供している。ファンはそれを丸ごと受け入れ、ガガの言動を逐一、ツイッターでフォローする。

 クリーブランドのコンサートを見に来た22歳のファンは「ガガは私に力を与えてくれる。自傷行為や鬱や摂食障害、容姿の悩みやいじめを経験したり、同性愛者であることを公表したファンの子たちと話をしたら、みんな『ガガが力になってくれた』って言ってた」と語った。

 ガガは、はみ出し者(もしくは不器用なティーンエージャー)として生きることがどんなにつらいか、よく分かっている。少女時代、通っていたカトリック系の学校の級友たちはガガのことを変人扱いし、ごみ箱に押し込んだりした。

 ガガの友人でバンド「セミ・プレシャス・ウェポンズ」のジャスティン・トランターは言う。「(同じ学校の)女の子たちはガガに『どうしてそんなに着飾ったり、メークに時間をかけたりしてるの? あんたレズビアン?』って聞いてばかりいた」

「信じられないほどの創造力で彼女は人々の心を照らし、この不穏な時代を生き抜く力を与えている」と、友人でアーティストのヨーコ・オノは言う。そういえばガガ自身、ファンにこんなことを言ってたっけ。「誰かとつながり、その人を抱き締め、解放し、愛しなさい」と。

 おっと間違えた。こっちはオプラの発言だった。

[2011年6月15日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国製EVは世界の供給に貢献、李首相が表明 夏季ダ

ビジネス

UBS、中国証券合弁会社の一部株式売却へ クレディ

ワールド

豪州の電子たばこ規制、世界初の処方箋の取得義務付け

ワールド

米学生ローン減免措置、新規手続き差し止め 2州で判
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 3
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 4
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 5
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 6
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 9
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中