最新記事

中東

スエズ運河を窺うイランの思惑

エジプト混乱に乗じて支配下のスエズ運河を軍艦で通ろうとするイランの挑発に、イスラエルが反発

2011年2月18日(金)16時59分

新たな火種 イラン軍艦がスエズ運河を通れば79年以来初めて Reuters

 イランが軍艦をスエズ運河を渡らせ地中海に送り込むという「挑発的な」計画を中止した。2月17日、エジプト当局者が発表した。理由については語られなかったが、この当局者によるとイランの軍艦2隻(フリゲート艦と補給艦)がサウジアラビアの紅海沿岸の都市ジッダ付近に停泊しているという。

 イランの軍艦がスエズ運河を通過すれば、1979年のイラン・イスラム革命以来初めて。スエズ運河の航行にはエジプト政府の許可が必要だが、イランはエジプトと国交断絶状態にある。エジプトがイラン革命で国を追われたバーレビ国王の亡命を受け入れたためだ。エジプトがイランと敵対するイスラエルと平和条約を結んでいることも関係している。

 そのイスラエルのアビグドル・リーベルマン外相は16日、イランのスエズ運河通過計画を明かし、声高に非難していた。リーベルマンはイランは西側諸国を挑発しているとし、イスラエル政府は「このようは挑発行為をいつまでも看過するわけにはいかない」と激怒。このニュースを受けて、水曜には原油価格が急騰した。

 リーベルマンは、イランの軍艦はシリアに向かう予定だと述べていた。この点に関してイラン政府の確認は取れていないが、シリアと言えば、イスラエルの天敵だ。イスラエルの指導部は、イランがチュニジアやエジプトの民衆革命による中東の情勢不安を好機と捉え、利用してくる可能性があると警戒心を募らせていた。親米・新イスラエル寄りだったムバラク政権崩壊後の混乱につけ込まれたくはない。

アメリカは静観の構え

 一方、アメリカ政府はイラン船のスエズ運河通過をそれほど危険視していないようだ。イランは数週間前に、既にこの計画を発表していた。

 米国務省のフィリップ・クラウリー報道官は紅海にイラン船が停泊していることは知っているが、米政府はその行き先も目的も把握していないと語った。米政府これらの船の動きを監視しているのかと聞かれると、「われわれは常にイランの行動に目を光らせている」と述べた。
 
 ただし米政府当局者のなかには、イランがスエズ運河に軍艦を送るのはアメリカとイスラエルを挑発して反応を見るためだと語る者もいる。

 エルサレムで開かれたユダヤ系アメリカ人の会合で飛び出した先のリーベルマンの発言は、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相を驚かせたという。イスラエル国防省としてはイランの動きを「無視したかった」のにリーベルマンが先走って余計な発言をしたと、イスラエル国営放送の軍事担当記者ヨアブ・リモールは米ウォールストリート・ジャーナル紙に語っている。

ニュース速報

ワールド

英BP、第2四半期は減損で過去最大の赤字 10年ぶ

ビジネス

ECBは景気支援にコミット、見通しは不確実=レーン

ワールド

米国の目的はティックトックの禁止=バイトダンス創業

ワールド

中国の上期の米国産エネルギー輸入、目標の5%どまり

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み込んだ自動拳銃「白頭山」

  • 3

    米国の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=トランプ政権コロナ対策顧問

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』は何の本…

  • 6

    トランプのツイッターで急浮上 米大統領選「悪夢の…

  • 7

    韓国・植物園の「客寄せ」だった土下座像が象徴する…

  • 8

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 9

    全米各地のコロナウイルス検査に滞り 「高度な自動化…

  • 10

    欧州各国で感染が急増するなか、「集団免疫戦略」の…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

  • 4

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた..…

  • 7

    新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる

  • 8

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 9

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 10

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月