最新記事

チベット

ダライ・ラマは聖人にあらず

Tibet Is No Shangri-La

世界が仰ぎ見る「けがれなき」人は、実は中絶と同性愛に否定的。理想郷化がもたらす大き過ぎる弊害

2010年3月25日(木)14時47分
クリスティーナ・ラーソン(フォーリン・ポリシー誌編集者)

 チベットと聞いて人々が想像するもの──雪に覆われた山々と息をのむような絶景、風にはためくチベット仏教の祈祷旗、透き通るような青い空、サフラン色の法衣をまとい祈りのマニ車を回す僧。そして何より、時が止まったような神聖さ。

 チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世もやはり特別だ。揺るぎない信念と深い慈悲の持ち主で、彼自身が啓示であり道義的な羅針盤であり、騒然とした現代の国際社会にあっても航路を照らし続けてくれる灯台だ。

 独立運動や困難な政治状況を脇に置き、西側にとってのチベットの意味をひとことで表すとすれば、「けがれなさ」だろう。こうしたイメージは、リチャード・ギアやスティーブン・セガールなどのハリウッド・スターがチベット独立を崇高な運動に祭り上げるよりずっと以前から定着していた。

 最も有名なのは1933年のイギリスの小説『失われた地平線』だ。主人公はヒマラヤ山中のラマ寺院を訪ね歩くうち、いつも満足して幸せで若々しく、一般人の悩みからは隔離されたような謎めいた人々に出会う。『チップス先生さようなら』で有名な作者のジェームズ・ヒルトンがこの作品で描いたのは、かすみのかかった渓谷にたたずむ僧院「シャングリラ」だ。以来、シャングリラは地上の理想郷と同義語になった。

 チベット問題に、遠く離れた西側の多くの人が親近感を持っているのは、ダライ・ラマが精力的に世界を飛び回って訴えているからだけでなく、何より、チベットがはるか昔から西側の人々の心を捉える存在だったせいだ。

 同じ中国の少数民族でも、ウイグル人の窮状にはわれわれは気付かなかった。新疆ウイグル自治区の区都ウルムチで、彼らが暴動を起こすまでは。

 私が住むワシントン界隈では、チベット仏教の祈祷旗タルチョを連帯の印としてバルコニーやポーチに掲げている家も少なくない。2月18日には、中国政府の激しい抗議にもかかわらず、バラク・オバマ米大統領がホワイトハウスでダライ・ラマと会談した。

名声にあやかりたがる外国人

 ダライ・ラマは精神的指導者というだけでなく、宗教や自己啓発に関して多くの本を書いている。『ダライ・ラマ 科学への旅──原子の中の宇宙』(邦訳・サンガ)や『こころの育て方』(邦訳・求龍堂)などの本は、各国の言語に翻訳され出版されている。

 ヨーロッパに行けば一国の政治指導者のところに立ち寄ることもあるし、ロサンゼルスに行けばエンターテインメント業界の大立者にも会える。1989年にノーベル平和賞を受賞し、米タイム誌が毎年選ぶ「世界で最も影響力のある100人」にも2度選出されている。初めて西側へ旅したダライ・ラマとして、彼は実に見事な国際的イメージをつくり上げた。

 ダライ・ラマの名声と地位があまりにも高いので、最近はその話題性にあやかりたい一心でダライ・ラマを表彰するケースもあるようだ。ポーランドの町ウロツワフは08年、ダライ・ラマを名誉市民にした。米テネシー州メンフィスも昨年9月、似たような申し出を行っている。

 だが、西側がダライ・ラマのことをどれだけ知っているというのだろう。慈悲の精神や環境保護といったダライ・ラマの主張は主としてリベラル派の間に多くの信奉者を持つ。だが彼の社会的な保守性はよく知られていないか、故意に無視されている(イギリスのジャーナリスト、クリストファー・ヒッチェンズは例外の1人だ)。

ニュース速報

ワールド

NATOは欧州防衛に不可欠=マティス米国防長官

ワールド

ブラジル次期大統領、健康上の理由でG20首脳会議欠

ワールド

米上院、サウジ支援停止法案採決の可能性 イエメン内

ビジネス

焦点:GDPから透ける外需依存の脆弱さ、大型対策実

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    韓国は、「反日」ではなく「卑日」になったのか?

  • 7

    太陽熱を最長18年貯蔵できる、画期的な太陽熱燃料が…

  • 8

    官民あげて日本就職に取り組む韓国の最新事情 

  • 9

    「歴史の悪魔」を蘇らせるのはトランプ米大統領では…

  • 10

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあったのはドリアン2トン

  • 3

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 8

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 9

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 10

    【動画】ロシア軍機が米軍機をインターセプト

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月