最新記事

米外交

オバマのアジア歴訪は「物乞い行脚」

金融危機で力も面目も失った今のアメリカは、頭を下げて回るのが精一杯。新世界秩序へようこそ!

2009年11月12日(木)17時59分
マイケル・ハーシュ(ワシントン支局)

隔世の感 中国に対して責任ある行動を迫ったこともあるかつての強気は過去のもの(写真は、毛沢東を模したオバマのTシャツ。今年9月の北京で) David Gray-Reuters

 バラク・オバマ米大統領は今週、満面の笑みをたたえてシンガポール入りすることだろう。子供時代を過ごしたインドネシアの首都ジャカルタからそう遠くないシンガポールで、オバマは自身にとって初となるアジア太平洋経済協力会議(APEC)に臨む。

 もっとも、今のオバマには笑顔以外に振りまくものがない。しかも、それは頼みごとをするときの作り笑いだ。

 APEC終了後に訪問する中国では、その傾向はとりわけ顕著になりそうだ。オバマは中国で、ジム・スタインバーグ国務副長官が先月「戦略的安心」と呼んだ新たな政策を売り込みたいと考えている。

 これは中国やインド、ブラジルのような新興国に対し、アメリカの国益を守りつつも、互いに安心感を与える対応をすること。アメリカが中国などの台頭を歓迎する見返りに、新興国側は将来に渡ってアメリカに意地の悪い態度を取らないよう求める。非常に相互的で「暗黙の取引」だと、スタインバーグは言う。

 アメリカが中国に対し、「責任あるステークホルダーとして振る舞わなければ、アメリカ主導のグローバルシステムから非難される」と迫った時代を思うと、隔世の感がある。

 腰が低い新生アメリカのイメージにふさわしく、オバマはアジア歴訪中、何も「土産」をもたずにお願いを繰り返すことになる。中国に米国債を買い続けてもらわなくては困るという事情が、中国滞在中のあらゆる場面に影を落とすだろう(中国も対米輸出を続けるために米経済の回復を望んでいる)。

 コペンハーゲンで開かれる国連気候変動枠組み条約の第15回締約国会議(COP15)が来月に迫っているというのに、オバマは人権や温暖化対策について胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席に圧力をかけることもできないだろう。

日本や韓国への手土産もなし

 温室効果ガスの排出削減に関する法案を米議会が成立させる可能性が低いなか(オバマは医療保険から経済改革、気候変動まであらゆる問題を議会の判断に委ねる傾向がある)、コペンハーゲンでの米政府の目標は会議を「台無しにしない」ことに引き下げられたと、ある西側関係者は言う。

 日本と韓国でも、オバマは両国にとって極めて深刻な脅威である北朝鮮問題について、新たな提案をできそうにない。

 シンガポールで行われるロシアのドミトリー・メドベージェフ大統領との首脳会談も、イランの核開発を封じ込める手助けをロシアに要請することが中心になりそうだ。

 国連安全保障理事会常任理事国にドイツを加えた関係6カ国とイランによる協議が10月1日にジュネーブで行われ、一定の成果を挙げたかにみえたが、その後の展開は期待はずれだ。イランは低濃度ウランを第三国で濃縮・加工する案にいったん合意したものの、まもなく撤回。今後の協議の議題設定にも同意していない(合意では、イランは低濃縮ウランの大半を濃縮のためにロシアに搬出し、その後フランスで軍事転用がむずかしい燃料棒に加工したうえで再輸入することになっていた)。

ニュース速報

ワールド

メキシコ、米J&Jなどコロナワクチンの後期臨床試験

ワールド

アークトゥルス、コロナワクチン初期臨床開始 第4四

ビジネス

中国新規融資、7月は9927億元に減少 広範な信用

ワールド

ロシア、新型コロナワクチン認可 世界初 安全性に疑

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 7

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 8

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 4

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 7

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月