最新記事

アジア

CIA、カルザイ弟に金銭提供の裏

アフガニスタン大統領の弟がCIAから金を受け取っていたとの報道が波紋を広げているが、問題は「なぜこの時期に情報がリークされたか」だ

2009年10月30日(金)17時59分
マーク・ホーゼンボール(ワシントン支局)

兄とは対照的? アフガニスタン大統領の弟アフメド・ワリ・カルザイ(左から2人目、01年)は、これまでも麻薬密輸との関わりを指摘されてきた ©Adrees Latif-Reuters

 10月28日付のニューヨーク・タイムズは、アフガニスタンのハミド・カルザイ大統領の弟で、南部カンダハル州の州議会議長を務めるアフメド・ワリ・カルザイが、CIA(米中央情報局)から何年にもわたって定期的に金を受け取っていると報じた。これはローマ法王がカトリック教徒だとか、熊にとって森は居心地がいい、というくらい当たり前のことだ。

 CIAのポール・ジミグリアーノ広報官は、「CIAはこの手の疑惑についてコメントしない」と述べた。しかし米政府筋に言わせれば、大統領の弟や周囲の関係者(たぶん何人もいるだろう)の協力に対して謝礼を払っていても、驚くべきことではないという。

 ニューヨーク・タイムズは、アフメド・ワリ・カルザイは麻薬の密輸に関わっているとも報じたが、アフガニスタンのこういう人物であれば驚くに値しないと、米政府筋は言う。

 米政府関係者の話で意外だったのは、今ある証拠をみるかぎり、カルザイ大統領本人は比較的「クリーン」らしいということだ。アフガニスタンの汚職を調査しているある米政府関係者によると、カルザイが公式に申告している資産は、1万ドル程度の衣類や宝石類だけらしい。

 複数の米政府筋の話では、弟の汚職疑惑はカルザイの評判を傷つけるほどの影響力はなさそうだ。とはいえ、大統領には必要な時に物資や資金の面で手助けしてくれる裕福な友人や支持者がいるという。

 アフメド・ワリ・カルザイはニューヨーク・タイムズの取材に対し、米軍や政府関係者に協力したことは認めたが、CIAから金を受け取ったことや麻薬密輸に関わっていることは否定した。

 今回の報道に疑問を呈する専門家はほとんどいないが、なぜこの時期に表面化したのか、誰が何のために情報をリークしたのかをめぐる憶測は広がりを見せている。今のところ、11月7日に大統領選の決選投票に臨むカルザイの足場を揺るがすために、オバマ政権やその周辺が意図的にリークしたという形跡は見当たらない。しかし裏に何があるにせよ、日に日に怪しくなるアフガニスタンの政治的展望を、さらに揺るがす不安材料であることは間違いない。

ニュース速報

ビジネス

日米長期金利の上昇、いまの段階でコメントすることな

ビジネス

東京都区部コアCPI2月は前年比-0.3%、7カ月

ワールド

ブラジル、新型コロナ死者が25万人突破

ビジネス

米経済、今年は数十年ぶりの高成長になる可能性=NY

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に拍車か

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 5

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 6

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 7

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 8

    米欧の研究で分かった、ポピュリスト政党の倒し方

  • 9

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 10

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 4

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 5

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 6

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月