最新記事

ヨーロッパ

英核専門家、国連ビルで謎の飛び降り自殺

イラン核協議に関わるイギリス人専門家がビルから転落死。イラク大量破壊兵器問題で不可解な死を遂げたデービッド・ケリー博士の二の舞か――。

2009年10月23日(金)15時46分
マーク・ホーゼンボール(ワシントン支局)

深まる謎 ハンプトンが転落死したウィーン国際センターには国連の諸機関が入る Herwig Prammer-Reuters

 10月20日に起きたイギリス人核監視専門家の不可解な死について、オーストリア警察が調査を開始した。当初の報道によると、核の監視を国際的に行っている包括的核実験禁止条約機関(CTBTO)に所属していたティモシー・ハンプトン(47)が、国連の諸機関が入る複合施設、ウィーン国際センターのビルから転落死した。

 オーストリア当局は死体を検視解剖に回すとしている。「全ての状況が自殺を示唆しており、第3者の関与を示すものは1つも見当たらない」と、警察の広報官アレクサンダー・ハスリンガーはフランスのAFP通信に語った。

 しかし米政府の情報筋が語ったところでは、ウィーンの当局者らは各国政府に対して非公式にこう述べた――現段階の調査では第一の死因は自殺となっているが、事故や他殺という可能性を排除したわけではない。公式発表や元国連職員の発言によれば、ハンプトンはビルの屋内にある非常用の吹き抜け階段を12階分(17階から5階まで)落ちたという。

 ハンプトンは、イランとアメリカ、そして欧米諸国の間で協議が続いているイランの核開発問題に関わっていたと報道されている。しかし彼が核協議に加わっていたことは、まだ確認がとれていない。ハンプトンが転落したウィーン国際センターで働いていた元国連職員によると、通常はCTBTOに勤める職員が国際原子力機関(IAEA)の業務に関わることはないという。この複合施設にはIAEA本部も入っており、今回のイランと欧米諸国の核交渉の主な舞台になっている。

 CTBTOの記録によると、10月21日に48歳になるはずだったハンプトンはCTBTOに10年以上勤務しており、以前はイギリスで「核実験禁止条約の監視問題」に取り組んでいた。CTBTOは先月、北朝鮮が5月に行った核実験中の震動に関する調査報告書を発表したが、ハンプトンは共同執筆者4人のうちの1人だった。

 ハンプトンの死は、デービッド・ケリー博士の死と共通点があるようにみえる。ケリーは生物兵器の専門家で、イギリス国防相の顧問だった人物。アメリカのイラク侵攻を支持するイギリス政府が、それを正当化するために虚偽情報を用いたという情報をBBC(英国放送協会)にリークしたとして、議会での証言を求められた直後の03年7月に自殺した。

 ケリーの死因については疑惑がささやかれ、最終的に独立調査委員会が全面的な調査を行った。その結果、当時のトニー・ブレア政権がサダム・フセイン排斥のために情報を誇張(「もっとセクシーに」)したとするBBCの報道は誤りだったことがわかった。しかし一方で、英政府が情報機関に対して、フセイン政権による大量破壊兵器所持の危険性を示すような情報を集めるよう、政治的圧力をかけていたことも暴露された。

ニュース速報

ビジネス

世銀、2020年のタイの経済成長予想を2.7%に下

ビジネス

英HSBC、株式部門で100人前後を削減へ=関係筋

ビジネス

高値追う米株に危険信号も 目が離せない決算

ワールド

焦点:ロシアが「違法」民兵に医療支援、軍事作戦への

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 7

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 8

    イランによるウクライナ機撃墜の悲劇 なぜ飛行禁止…

  • 9

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 10

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 8

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 9

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 10

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月