最新記事

アフリカ

「ナイジェリアのタリバン」は敵じゃない

イスラム過激派の暴力を見て、対テロ戦争が飛び火したと考えるのは早計だ。彼らをテロリストと混同して本当の原因を見過ごすことのほうが怖い

2009年8月5日(水)18時53分
スコット・ジョンソン(アフリカ総局長)

聖戦か内戦か 7月下旬にナイジェリア北部でイスラム過激派と治安部隊が衝突し、死者は8月2日までに700人以上にのぼった(写真は7月31日) Aminuo Abubacar-Reuters

 国際テロ組織アルカイダのナンバー2でエジプト人のアイマン・アル・ザワヒリが、欧米へのテロ攻撃の次なる前線は西アフリカのナイジェリアだと予言したのは2001年のこと。それだけに7月下旬、ナイジェリアで「ボコ・ハラム」と名乗るイスラム過激派組織が警察署や政府施設を襲撃すると、ついに予言が現実になったという恐怖が広がった(ボコ・ハラムと治安部隊の双方で700人以上が死亡)。

「西洋の教育は罪」を意味するボコ・ハラムは、「ナイジェリアのタリバン」と呼ばれている。西洋式の学校教育を禁じ、厳格なシャリア(イスラム法)を全土で施行するよう要求。ニジェールとの国境付近にある訓練キャンプの名称は「アフガニスタン」だ。

 もっとも、タリバンとの類似点はそこまで。ザワヒリの予言から8年経った今も、「西アフリカにテロの前線を」という彼の構想は実現していない。

 ナイジェリアでは、イスラム主義者が外国人をねらったテロは一件も起きていないし、キューバのグアンタナモ米海軍基地に収容されているナイジェリア人もいない。国民の間に強烈な反米感情はなく、近くに攻撃対象となる米軍もいない。

「西アフリカにはジハード(聖戦)を支える土壌がない」と、ジョンズ・ホプキンス大学ポール・ニッツ高等国際問題研究大学院のアフリカ研究ディレクター、ピーター・ルイスは言う。「今回の事件がこの地域での過激派ネットワークの形成につながることはない」

270億ドルのオイルマネーが消失

 では、今回の事件は何を意味するのか。その答えは、複雑に絡み合う醜悪な国内の政治事情にある。
 
 ナイジェリアでは、一日1.25ドル未満で生活する貧困層の割合が70%を超える。その一方で、ごく一部の裕福で腐敗した政府関係者は法外に贅沢な生活を送っている。

 ボコ・ハラムが蜂起したナイジェリア北部ほど貧富の差が激しい地域はない。大卒の若者でさえ仕事はほとんどなく、それが北部の人々が新たな政治システム、とりわけシャリア法による統治を選ぶ一因だ。

 かつては活気に満ちていた農業や繊維工業はこの10年で衰退し、ナイジェリア南部で発見された油田が政府の主要な収入源となった。北部の人々がその恩恵を受けることはなかった。

 石油で稼いだ巨額の富は公共サービスや雇用創出、開発事業に回すよう法律で定められているが、実際には政府関係者の懐に消えた。ナイジェリアの元財務大臣は07年、本誌に対して270億ドルが政府の金庫から消え失せたと認めた。
 
 人権擁護団体ヒューマン・ライツ・ウォッチは07年、ナイジェリアの実態は「民主的統治国家というより犯罪組織に近い」と語った。

 その状態は2年経った今も変わっていない。失業や経済停滞、汚職、腐敗した司法などの要因が相変わらずはびこっている。「広い意味ではナイジェリアという国家が破たんしつつある」と、ブリュッセルのシンクタンク、国際危機グループのリチャード・モンクリーフは言う。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 7

    文在寅が「タマネギ男」の検察改革に固執する理由

  • 8

    文在寅「超側近」チョ・グクの疑惑がここまで韓国人…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 6

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」…

  • 7

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 8

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 9

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 10

    女性のお腹で次第に成長するしこりは、双子の片割れ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月