最新記事

博物館

移民大国アメリカの素晴らしさと哀しさを象徴する「自由の女神」博物館

Beside the Golden Door

2019年7月4日(木)15時00分
ヘンリー・グラバー

女神像の中に入れない大半の旅行者にとって絶好の観光スポットに(写真奥は初代のたいまつ) DREW ANGERER/GETTY IMAGES

<5月にオープンした新施設は女神像の歴史と意義を学べる素晴らしいものだが>

800人近くをぎっしり乗せたミス・リバティー号が、アッパーニューヨーク湾の水面を切り裂いて進んでいく。やがてリバティー島の前まで来ると、船が右に大きく傾く。乗客が一斉に右側に駆け寄り、島に立つ緑の巨大な建造物を見上げるからだ。「写真を撮って!」という声があちこちで聞こえる。

リバティー島への訪問者の多くにとって、これが観光のハイライトだ。島に上がっても、たいてい法外な値段の食べ物や土産物を売る店の前を歩き、自由の女神像の後ろ姿を下から見上げるだけで終わる。

島を訪れる年間約450万人のうち、80~85%は女神像の台座にすら入れない。女神像の上まで上ることができる人はもっと少ない。01年の9.11テロ以降の警備強化も一因だが、それ以上に施設が小さいという事情が大きい。

そんな観光客に素晴らしい「残念賞」が完成した。5月16日にオープンした「自由の女神像博物館」だ。FXコラボラティブが建物を、ESIデザインが展示を設計した新博物館の充実ぶりは、女神像の台座の中にあった(狭くて、窓もなかった)旧展示スペースとは比較にならない。

トランプ時代に持つ意味

島の西端に完成した博物館は、仰々しい建物ではない。芝生に覆われた花崗岩の屋根が特徴的で、地面に半分埋まった岩の塊のようにも見える。「地質の一部のような建物にしたかった」と、FXコラボラティブのニコラス・ガリソンは言う。

館内では、女神像の歴史と意義を映像で学べる。展示コーナーでは、フランスで制作された女神像が1886年にリバティー島に設置され、やがて移民にとっての新天地のシンボルになっていった過程が紹介される。最後は、来館者が自分にとっての「自由」を表現したコラージュを制作できるコーナーが用意されている。出来上がる作品は、写真投稿サイトのインスタグラムに載せるのにうってつけだ。

女神が掲げていた最初のたいまつが展示されているスペースもある。たいまつは、86年に現在のものと取り換えられた。古いたいまつは、いかにも壊れやすそうで、手作り感があり、いかにも年代物に見える。

ただ展示品の中に17年の独シュピーゲル誌の有名な表紙は含まれていない。移民に敵対的な政策を打ち出しているドナルド・トランプ米大統領が自由の女神の首を切断して、その生首を掲げている姿を描いた絵だ。私は博物館を見学していたとき、昨今の移民をめぐるニュースに、この風刺画を重ね合わさずにいられなかった。

ESIデザインのエドウィン・シュロスバーグ社長に尋ねてみた──展示内容は、トランプ政権の移民制限政策に影響されたのか。「違うと言うのは難しい」とのことだった。

ニュース速報

ビジネス

政策余地ある、必要なら追加緩和検討=黒田日銀総裁

ビジネス

米国株は下落、ボーイングとJ&Jが重し

ワールド

焦点:英経済に「相当厳しい」新ブレグジット協定案

ビジネス

G20財務相、デジタル通貨の厳格規制で合意 深刻な

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 2

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 3

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局が捜索要請

  • 4

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 5

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 6

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 7

    半年後の価格は......ビットコインの価格算定モデル…

  • 8

    台風の現場で労働者を殺した「金正恩命令」の矛盾点

  • 9

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 10

    ヒトの体内の「粘液」の役割が明らかに

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 4

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 5

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 6

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 7

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 8

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

  • 9

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月