最新記事

飲料

コーヒー飲んだら運動、それともベッドイン?

香りだけでストレスを和らげ集中力や記憶力を高めるカフェインの底力

2014年10月8日(水)17時04分
エミリー・タムキン

ほっと一息 実験でコーヒーのリラックス効果も再確認された Hybrid Images/Getty Images

 コーヒーブレイク中のあなた、その1杯を飲み終わったら何をする? 
ニューヨーク誌の記者ケビン・ルースは朝のコーヒーを楽しんだ後、ジョギングに出掛ける。コーヒーを飲むと「長い距離を走れるし、エネルギーが湧く」という。

 そう感じるのはルースだけではない。米健康雑誌ヘルスに掲載された研究によれば、運動前の1杯は血行の改善、痛みの緩和、記憶力の増強、筋肉の維持と強化に効果がある。さらにシェイプ誌は、運動前のコーヒーは頭をシャキっとさせ、脂肪の燃焼にも役立つと主張している。

 なるほど、そうと決まればジムへGO!──と言いたいところだが、実は昼寝をするのもいいようだ。

 カフェインはアデノシンという脳内の化学物質の働きを妨害する。アデノシンは起きている間に蓄積され、十分にたまると眠気を促し、睡眠中に分解される。コーヒーは約20分でアデノシンを分解するから、コーヒーを飲んだ後で15分ほど仮眠を取れば頭がスッキリするらしい。

 ある研究で、寝不足の被験者に運転シミュレーターを操作させてみた。すると「コーヒー付き昼寝」をした被験者は、冷たい空気に当たった人、休憩した人、コーヒー抜きで昼寝した人、コーヒーを飲んで昼寝をしなかった人に比べ、運転技能が格段にアップしたという。

 コーヒーブレイク後に試すと効果がありそうなものはほかにもある。

■セックス(相手もその気の場合に限る) 11年の研究で、カフェインを摂取した雌のラットは眠たい雌のラットより交尾に積極的なことが分かった。カフェインには、女性をエッチな気分にさせる効果があるらしい。

■芸術 『毎日の儀式──芸術家の働き方』という本を出したライターのメーソン・カリーによれば、コーヒーは「集中力と注意力を高め、眠気を払い、アイデアが湧く頻度を向上させる」。ベートーベン、マルセル・プルースト、グレン・グールド、フランシス・ベーコン、ジャンポール・サルトル、グスタフ・マーラーなど、多くの芸術家が創造性アップのためにコーヒーをガブ飲みしたという。

■試験 学術誌の栄養ジャーナルは07年、カフェイン飲料には注意力と記憶力を高める効果があるとの研究結果を掲載した。また08年のジャーナル・オブ・アグリカルチュラル・アンド・フード・ケミストリー誌によれば、コーヒーの香りを嗅いだだけでも(少なくともラットの場合は)ストレスが減るという。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

TOPIX定期入れ替え実施へ、銘柄1200程度に絞

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中