最新記事

アメリカ政治

「ヒラリー大統領」待望論が高まる理由

2016年の大統領選に向けて、冴えない共和党を尻目にクリントン前国務長官が独走中だが

2014年6月9日(月)12時14分
前川祐補(本誌記者)

今度こそ? 民主党内で圧倒的な支持を集めるクリントン Isaac Brekken/Getty Images

 就任6年目を迎えたオバマ米大統領の不人気が続く。昨年8月以降、不支持率が50%を超えているのは、シリア内戦での「レッドライン」をめぐる迷走や、医療保険制度改革法(オバマケア)のネット登録での不手際などの失点を補う目立った成果がないからだ。

 そんななか、アメリカは政治の季節を迎えた。全下院議員と上院議員の約3分の1を改選する今年11月の中間選挙、さらに16年の大統領選に向けた候補者レースに注目が集まっている。

 ピュー・リサーチセンターとUSAトゥデー紙が先月行った合同世論調査によると、中間選挙で共和党を支持すると回答したのは47%で、民主党の43%を上回った。このまま行けば、共和党は上下院で過半数を獲得し、現在の「ねじれ議会」を解消できそうだ。

 ただし大統領選となると、共和党はぱっとしない。米FOXの世論調査によると、いま大統領に最も近いのがヒラリー・クリントン前国務長官だ。支持率49%で、共和党の有力候補者たちを10ポイント以上引き離している。

ブッシュ家とクリントン家の戦いに

 共和党の面々はどれも冴えない。ニュージャージー州のクリス・クリスティー知事は「共和党を救う男」と期待されていた。しかし知事選で自分を支持しなかった州内の市長に対し、交通規制で同市の道路を渋滞させる、という子供じみた報復を仕掛けたことが今年明らかになった。

 テッド・クルーズ上院議員は昨年、オバマケアの予算審議の打ち切りを求め21時間も議会演説を行い、全米の注目を集めた。ただ過激なこの手法には、共和党内からもあきれる声が出た。

 期待が集まっているのがブッシュ前大統領の弟、ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事。2人の大統領を輩出した名家の知名度は抜群だが、本人はまだ出馬を表明していない。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ネパールの首都で小型機が離陸に失敗し炎上、18人死

ビジネス

仏レミー・コアントロー、4─6月売上高が予想より大

ワールド

台湾金融市場、台風接近で24日休場 TSMCは通常

ビジネス

独消費者信頼感指数、8月は-18.4へ改善 所得期
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 8
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 9
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中