最新記事

テック&サイエンス

サイエンス・ナビゲーター 茜 灯里

若々しさを保つ「テロメア」は延命効果よりがんリスクの方が高い?

<米ジョンズ・ホプキンス大医学部の研究者たちが長いテロメアを持つ人たちの健康状態を調査したところ、毛髪などの若々しさが保たれていた反面、一般

2023.05.16
世界のニュース50

精子を静止させる避妊薬開発へ 1時間で効き目、2時間後なら100%避妊...その仕組みは?

2023.05.15
建築

環境に優しく、かつてない形状も可能に...3Dプリンターで丸ごと組み立てた「未来の建築物」たち

2023.05.11
サイエンス・ナビゲーター 茜 灯里

バイオ3Dプリンターで指の神経再生に成功 臓器移植にアンチエイジング、代替肉での活用も常識に?

<京大病院の研究チームは、指や手首の神経を損傷した患者自身の細胞からバイオ3Dプリンターを使って神経導管を作製し、それを移植することで患部の

2023.05.10
AI

ついにAIによる人類駆逐が始まる? IBMが採用一時停止、7800人の仕事をAIに置き換え

2023.05.02
SDGs

アルゴリズムで環境保護──森林を守る「良心のコード」とは?

2023.05.01
ビジネス

「高い」「時代遅れ」 あれだけ騒がれた「メタバース」、早くもこんなに残念な状態に

2023.04.27
ツイッター

ツイッターの青バッジはフェイクのしるし? コメントを求めたが、広報は「うんこ」絵文字で応答するのみ

2023.04.26
宇宙

ispaceの月面探査機、民間初の月面着陸ならず 燃料切れで墜落

2023.04.26
BOOKS

【専門家が選出】テクノロジーの進化を理解し、役立てるために読むべき5冊の本とは?

2023.04.25
サイエンス・ナビゲーター 茜 灯里

月面重力下では筋の質が変わる──宇宙マウス実験の恩恵は一般の人にも?

<JAXAと筑波大などの研究チームは、ISSでマウスを3種類の重力環境下で1カ月間育てる実験を実施。ヒラメ筋の量と質の変化を解析した結果、初

2023.04.25
医療

アルツハイマー病の創薬に革命をもたらす、脳のオルガノイド「ミニ脳」とは?

2023.04.24
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

「AutoGPT」は何がすごいのか? 実際に非エンジニアが「記者ボット」を自作してみた

<「AIが人間の職を奪う...」何年も前から議論されていることだが、いよいよその可能性が現実味を帯びてきた> *エクサウィザーズ AI新聞か

2023.04.21
宇宙

スペースXの大型宇宙船「スターシップ」、発射後に爆発

2023.04.21
AI

「本格的な医療行為にも役立つが...」ChatGPT、医療利用に伴うリスクとは?

2023.04.19
メンタルヘルス

心が追い込まれたとき、助けになってくれる「AIセラピスト」...その可能性と限界

2023.04.18
医療

「健康な細胞は傷つけない」──副作用を「マスク」で防ぐ、がん治療薬の可能性・最新研究

2023.04.13
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

日本の大学はChatGPTを「禁止」している場合ではない

<各大学の「ネガティブ」な反応は、まるで黒船を恐れる幕末の日本のよう> アメリカのベンチャー企業、OpenAIが2022年11月30日に公開

2023.04.12
飛行機

「見捨てられてなどいない」世界最大の輸送機ムリーヤの復元作業が始まる ウクライナ

2023.04.11
サイエンス・ナビゲーター 茜 灯里

誤情報も流暢に作成する対話型AI「ChatGPT」の科学への応用と危険性

<「インターネットの登場を超えるインパクト」と言われ、急速にユーザーを増やしているChatGPT。科学の世界でもすでに実験や検証の対象として

2023.04.11
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 5

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 6

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 7

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 8

    ジョージアはロシアに飲み込まれるのか

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    長距離ドローンがロシア奥深くに「退避」していたSU-…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story