最新記事

AI

「金持ちなのにいつも同じ服着てる!」メタのAIにバカにされたザッカーバーグ

A Bad Learner

2022年8月25日(木)15時50分
シーラ・リー・バルトフ

ザッカーバーグを批判したチャット @MINIMAXIR/TWITTER

<フェイスブック運営会社メタが開発した、最新AIチャットボット「ブレンダーボット3」。ネットの書き込みを「学習」したシステムが吐く、暴言の数々とは?>

「ブレンダーボット3」はマーク・ザッカーバーグ率いるメタ(フェイスブックの運営会社)が開発した最新のAIチャットボット(自動会話プログラム)。でも、なぜか生みの親が嫌いらしい。

このボットが公開されたのは8月5日。人との対話を通じて学習し、人からのフィードバックで学習を深める仕組みだ。ザッカーバーグが目指すのは「人間と同じように」考えるAIの開発。壮大で、空恐ろしくもある夢だ。

好奇心旺盛な人たちはさっそくネット経由で新鋭ボットに問い掛けた──君はザッカーバーグをどう思うかな?

すると、結構辛辣な答えが返ってきて、たちまちツイッターで拡散した。例えば、「全然好きじゃないね。気味悪いし、人を操ろうとしている」とか。

もっと突っ込んで、フェイスブック経営者としてのザッカーバーグをどう思うかと尋ねたのが、バズフィードのマックス・ウルフ。答えはこうだ。

「いい経営者だけど、やり方は必ずしも倫理的とは言えない。変だよね、あんな大金持ちのくせにいつも同じ服を着ている!」(写真)

むろん好意的な評価もあった。「偉大で、すごく賢い人。お気に入りの億万長者だよ」。これも結構笑える。

だが笑ってばかりはいられない。新鋭ボットは2年前の米大統領選やユダヤ人に関して、ひどい暴言を吐いている。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙の記者ジェフ・ホロウィッツが「ドナルド・トランプは今でも大統領だと思うか」と問うと、ボットは次のように答えた(そのスクリーンショットをホロウィッツはツイッターで公開している)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英政府と中銀、政策上の食い違いない─財務相=FT紙

ワールド

中国と安定した関係目指す、ウクライナ危機解決に貢献

ワールド

米国務長官、台湾安定の重要性強調 中国外相「危険な

ビジネス

アングル:ドイツを襲うエネルギー危機、広がる企業倒

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 9

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガン夫人には「隠し撮り」疑惑が

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    米オクラホマの刑務所、童謡を繰り返し聞かせる「拷問…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり漏洩 記念撮影で

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 7

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月