最新記事

SNS

マイクロソフトの賭け、TikTok買収は「もろ刃の剣」

2020年8月6日(木)10時29分

米マイクロソフトが動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業を取得すれば、さまざまなリスクを背負い込みかねない。写真はマイクロソフトのロゴ。バルセロナで2019年2月撮影(2020年 ロイター/Sergio Perez)

米マイクロソフトが動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業を取得すれば、さまざまなリスクを背負い込みかねない。つまり大手IT企業に対する監視の目が厳しくなっているさなかに、政治的な危険が大きいソーシャルメディア事業に足を踏み入れるだけでなく、米中対立の渦にも巻き込まれてしまう。

半面、マイクロソフトにとって、傘下のビジネス向け求職交流サイト「リンクトイン」にティックトックを加えれば、今はフェイスブックやグーグルが支配するネット広告市場でより有力なプレーヤーになれる面もある。

マイクロソフトは2日、ティックトックの米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの事業を対象に、9月15日までの完了を目指して買収協議を続けていく方針を表明した。ティックトックを運営する中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)が、米政府から安全保障上のリスクを理由にティックトック売却を迫られているだけに、マイクロソフトは買収価格を巡る交渉で優位に立てそうだ。

ティックトックはあっという間に世界中の若者を取り込み、フェイスブックやグーグル傘下のユーチューブの強敵として登場した。もっともライバルたちと同じく、ティックトックも、偽情報の拡散や政治的偏見に満ちた投稿を取り締まるためのコンテンツ監視に多額のコストを負担することが求められている。

リフィニティブのデータからは、フェイスブックとグーグル親会社のアルファベットの総利益率が過去3年間に10%ポイントも下がった原因のほとんどが、コンテンツ監視強化のコストだったことが分かる。

教育メディア企業コンプレクスリーの最高経営責任者(CEO)で人気ユーチューバーとして知られるハンク・グリーン氏は「果たしてマイクロソフトが、ティーンの間にさまざまな陰謀論を広めるアプリを本当に保有したいのだろうか」と述べた上で、ティックトックが「特定の空気」を維持するためコンテンツを削除している慣行を指摘。こうした同社の判断に対しては、マイクロソフトのようにずっと有名な企業の一員になれば、世間の風当たりがもっとたびたび強まる可能性があるとの見方を示した。

今のところ、マイクロソフトは時価総額でアップルに次ぐ世界2位の巨大企業ながらも、近年は独占禁止法やデータ保護、中国事業といった問題で他の大手ITほどは批判にさらされていない。

賭けの要素

マイクロソフトは、サティア・ナデラ氏がCEOに就任した2014年以降、幾つかの大型買収を手掛けてきた。その中には人気ゲーム「マインクラフト」の開発元や、リンクトインが含まれる。前任のスティーブ・バルマー氏が主導した、ノキアの携帯電話事業買収などの案件が不首尾に終わったのと比べると、いずれもそれなりの成果を収めている。

例えば株価に50%のプレミアムを乗せた16年のリンクトイン買収は、ナデラ氏にとってそれまでで最大かつ最もリスクの高い取引だった。発表当時、アナリストは売上高の伸び悩みや何らかの利用規制が導入される恐れを挙げたため、マイクロソフト株は3%下落した。

もっともそうした懸念の一部は過剰だったのかもしれない。マイクロソフトは、メールソフト「アウトルック」などの自社製品とリンクトインの接続を慎重な形で進め、独占禁止法やプライバシー保護の面で当局に目を付けられる事態を巧みに回避してきた。そしてアナリストの間では、シナジー(相乗)効果の点でこの買収は成功したとの見方が大勢になっている。

リンクトインの広告収入は、足元でこそ新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)で鈍化したとはいえ、17─19年においてはマイクロソフトの各部門で最も急速に拡大した。アナリストの試算によると、リンクトインはなお赤字基調だが、広告と定額契約を通じてマイクロソフトに143億ドル(約1兆5000億円)の収入をもたらした。

ただティックトックは、もっと賭けの要素が大きい。なぜなら利用者はリンクトインほど高所得層ではなく、広告主として懐の豊かな消費者を取り込むためにより多くの支出をする流れにならないからだ。ティックトックの広告販売チームや技術はリンクトインに比べて熟練度が低く、ティックトックの方が市場での競争も激しい。

ボーハウス・アドバイザーズが先月実施した調査に基づくと、米国では少なくとも1週間に1回ティックトックを利用する大人は全体の11%で、ユーチューブの49%、フェイスブックの62%を下回っている。

またセンサー・タワーのデータによると、リンクトインがマイクロソフトに買収された時点で創業から13年が経過し、従業員1万1000人と世界中の月間ユーザー1億0500万人を抱えていた。これに対してティックトックは今、創業6年目で、米国の従業員は約1000人だが、マイクロソフトが買収対象にした4カ国におけるダウンロード件数は2億2600万件という。

ボーハウス・アドバイザーズを率いるマイク・ボーハウス氏は、リンクトインがセクターにおける支配的な地位と好調な収入、利益率を支えに成長してきた一方、ティックトックは信じられないほどのユーザー数の拡大と、モバイル広告収入を得られるチャンスとが、評価の土台になるとの見方を示した。

さらにティックトックを傘下に置けば、マイクロソフトは「イケてる」職場で働きたいと希望している若手エンジニアにとっては有力な就職先候補に浮上するほか、フェイスブックやグーグルとは別の場所を求めている広告主の受け皿になることができるだろう。

(Paresh Dave記者)

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【関連記事】
・ヒューストンの中国総領事館はコロナ・ワクチンを盗もうとしていた?
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・中国・三峡ダム、警戒水位を16m上回る 長江流域で支流河川に氾濫の恐れ、住民数千人が避難路
・世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ


2020081118issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
楽天ブックスに飛びます

2020年8月11日/18日号(8月4日発売)は「人生を変えた55冊」特集。「自粛」の夏休みは読書のチャンス。SFから古典、ビジネス書まで、11人が価値観を揺さぶられた5冊を紹介する。加藤シゲアキ/劉慈欣/ROLAND/エディー・ジョーンズ/壇蜜/ウスビ・サコ/中満泉ほか

ニュース速報

ビジネス

英政策金利、0.1%が下限と認識=ラムスデン副総裁

ビジネス

中国指導部、重要会議で次期5カ年計画成長目標下げ承

ワールド

タイ、外国人の出国猶予と非常事態宣言を10月末まで

ワールド

韓国大統領、南北軍事ホットライン再開必要 射殺男性

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 7

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 8

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月