最新記事

コロナ特効薬を探せ

コロナ特効薬&ワクチン、米中日欧で進む研究開発の最前線を追う

THE RACE FOR ANSWERS

2020年5月22日(金)17時15分
アダム・ピョーレ(ジャーナリスト)

PHOTO ILLUSTRATION BY RYAN OLBRYSH FOR NEWSWEEK, JAMES STRACHAN-PHOTODISC/GETTY IMAGES (INSET)

<世界各国の研究機関や企業が急ピッチで進める研究開発──実用化には多くの関門があるが、有効な薬の事例が各地で報告されている。本誌「コロナ特効薬を探せ」特集より>

新型コロナウイルス感染症が今のように世界に広がるずっと前から、感染症の専門家たちは、いずれこのような事態が起こると警告し続けてきた。

20200526issue_cover200.jpg何しろ、その病原体は感染力と致死力が高いだけでなく、研究論文もワクチンも治療薬も存在しない。今のところ、私たちが知る最も効果的な対策は原始的な方法──隔離や社会的距離戦略といった、感染者(または感染が疑われる人)から距離を置くというものだ。

人間が新しい病原体にいかに弱いかは、今回の新型コロナウイルスの流行で痛いほど明らかになった。アメリカの感染者は140万人を超え、死者は8万5000人に達した。WHO(世界保健機関)は、アフリカで数千万人に感染の恐れがあるとしている。

これほど医学が発達した時代に、治療法が存在しないという事実は、ある意味で驚異的なことだ。現代の医学は、遺伝子工学や機械学習やビッグデータによって飛躍的な発展を遂げている。それなのに猛スピードで広がる新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に、私たちは太刀打ちできないかに見える。

だが、人間は決して手をこまねいていたわけではない。

中国湖北省の省都・武漢で、通常の肺炎とは様子が異なる肺炎が目立ち始めたのは昨年12月半ばのこと。中国当局は年明け早々に病原体の調査に乗り出し、複数の患者の検体を調べた。すると1週間もしないうちに新型コロナウイルスの分離に成功し、5日後にはそのゲノムの塩基配列を解読して、データをインターネット上で全世界に公表した。

このデータを基に、世界各国の研究機関が新型コロナウイルスの分離に次々と成功。さらにウイルスの立体構造が再現され、これを解析して、既存の医薬品で治療薬になりそうなものを探す動きが始まった。一方、病理学者は分子生物学のツールを使って、ウイルスを包むタンパク質の殻を破る方法を探った。

「息をのむようなスピードで研究が進んでいる」と、米コロンビア大学公衆衛生大学院のアンジェラ・ラスムセン研究員は語る。「これまでにないペースだ」

ゲノム解析で研究が迅速化

世界各国で感染者が爆発的に増えるなか、研究者が全力を注いでいるのは、有効な抗ウイルス薬の発見とワクチンの開発だ。

近年、トップクラスの研究所では、ウイルスのゲノムを解読するシステムを「標準装備」している。新型コロナウイルスが、2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)コロナウイルスと、2017年に雲南省の洞窟で見つかったコウモリのコロナウイルスに非常によく似ていることが分かったのもそのためだ。おかげで治療薬やワクチンの研究を、ゼロから始める必要がなくなった。

ニュース速報

ビジネス

印ザイダス、コロナ治療薬「レムデシビル」の後発医薬

ワールド

NZ、新型コロナ感染源特定に全力 総選挙控え封じ込

ワールド

台湾、2021年に防衛支出を10.2%拡大へ

ワールド

国連人権高等弁務官、ベラルーシ当局のデモ弾圧を批判

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 5

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 8

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 9

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 10

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月