最新記事
SDGsパートナー

「美しい琵琶湖を未来に紡ぐ」美容業界からJINENが投じる水質改善対策への一手

2023年12月11日(月)10時28分
ニューズウィーク日本版編集部SDGs室 ブランドストーリー
JINEN

近畿の水がめ「琵琶湖」。水源としてだけでなく、雄大な景観と古来の史跡を残す日本最大の湖はいわば地域の母なる存在だ john901-shutterstock

<日々使うシャンプーや石けんから環境のことを考えよう。人にも環境にも優しい成分で、購入することが地域の環境保全にも役立つ商品を販売する>

世界を変えるには、ニュースになるような大規模なプロジェクトや製品だけでは不十分。日本企業のたとえ小さなSDGsであっても、それが広く伝われば、共感を生み、新たなアイデアにつながり、社会課題の解決に近づいていく──。この考えのもと、ニューズウィーク日本版はこの春、「SDGsアワード」を立ち上げました。その一環として、日本企業によるSDGsの取り組みを積極的に情報発信していきます。

◇ ◇ ◇


滋賀県は1970年代後半から琵琶湖の水質を守る運動が展開されるなど、環境保全意識の高い地域として知られる。株式会社JINENは、そのバトンを受け継ぎ、次世代につなげていく活動の一環として、「美しいびわ湖全身石けんシャンプー」を開発した。

環境を汚染しない天然由来の成分のみでできたオリジナルシャンプー

滋賀県では1970年代後半、琵琶湖の淡水赤潮の発生を機に、主婦層を中心に合成洗剤に代えて粉石けんを使おうという「石けん運動」が県内全域で展開された。それを受けて、県では1980年、りんを含んだ合成洗剤の販売・使用・贈答の禁止や工場排水を規制する条例を策定している。

1981年には、7月1日が「びわ湖の日」に定められた。以来毎年、県民が琵琶湖への思いを共有して環境を守る取り組みをする日になっており、琵琶湖岸や河川、道路などの清掃活動が行われている。

そんな滋賀県で美容サロン、マツエクサロン、医療ウイッグサロンなどを展開する株式会社JINENは、開業以来、「石けん運動」のバトンを受け継いで次世代につなげていくサステナブルな活動ができないかと考えてきた。

たとえば、サロンでカットした髪をウイッグの材料とするプロジェクトや、使用済みヘアカラー剤のリサイクルには継続的に参加してきた。そして2022年1月、満を持して自社オリジナル商品「美しいびわ湖全身石けんシャンプー」を発売した。

image2.jpg

頭から体まで全身を洗える石けんシャンプーで、髪によし、身体によし、環境によしの「三方よし」を掲げる

「美しいびわ湖全身石けんシャンプー」は、保湿力が高く、敏感肌や乾燥肌でも安心して使え、スッキリとした洗い上がりが実感できる。地元滋賀県産を中心にした天然由来の成分のみでできており、そのまま排水しても環境を汚染しない。そのことが評価され、環境省アンバサダー主催『サステナブルコスメアワード2022』の審査員賞を地方創生部門で受賞した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:今年は山火事増加も、米で懸念される深刻な

ワールド

アングル:経済危機のスリランカから医師流出止まらず

ワールド

アングル:ウクライナ陸軍の著名部隊、隊列強化へ独自

ワールド

中国の過剰生産能力による世界経済への悪影響を懸念=
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 6

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 7

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中