最新記事

ライフスタイル

インタビュー

『あなたのセックスによろしく』著者に聞く、フランスのタブー、身体のこと、驚きだった部位の構造

2021.06.11
教育

「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強する公立中学校の『肯定感の育て方』

2021.06.10
家事

買い物帰りの妻を絶望に追いやる「最後の3m」 必要なのは「手伝い」でなく「ねぎらい」だった

2021.06.05

生で内臓を食べる女性TikToker「以前はビーガンだった」

2021.06.01
育児休暇

「俺だって家事やってる」「なんでそういうことするの!」 夫が絶句する夫婦のかみ合わなさを証明したデータとは?

2021.05.30

「糖質制限ダイエット」がいけないこれだけの理由 炭水化物は少なすぎると不健康に

2021.05.29
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

ベビーシッター代を半分にして食事の残り物をあげる、これっておかしいですか?

<隣に住む14歳のジューンに子守を頼んでいます。彼女の家は菜食主義ですが、ジューンは肉が大好き。私の作る韓国料理を持ち帰って学校のお弁当にし

2021.05.26
ヘルス

驚きの事実「歯磨きに虫歯予防の効果なし」 虫歯を減らす2つの方法とは?

2021.05.23
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「子供たちがいるのに銃を持って来るなんて」注意したら兄が逆ギレ

<銃が身近にある状況に子供たちを慣らすべきだと兄は言い、両親は私が家族の間に溝をつくっていると非難します。私は間違っているのでしょうか?>

2021.05.21
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

きわどいファン・フィクションを書いている16歳の娘が心配です

<去年まで娘はコンドームが何かも知りませんでした──。この件について本人と話し合った方がいいですか? それとも叱るべきでしょうか?> Q:1

2021.05.20
ヘルス

医師が「空間除菌グッズは使うな」と警告する理由 気休めにしては危険すぎる

2021.05.17
モビリティのこれから 楠田悦子

運転可否判断のこれからと、高齢ドライバーに必要な心得

<いつまで自動車を運転できるか──高齢ドライバーや家族を悩ませるその見極めだが、日常の運転データから適性を診断できる仕組みの研究が進みつつあ

2021.05.14
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

私の大麻ビジネスは、夫のキャリアを脅かしていますか?

<私たちの住む州で医療用大麻は7年前から合法です。自分の仕事はごまかしたくありませんが、一方で彼のキャリアに悪影響を及ぼすのではないかと心配

2021.05.14
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

一切同情してくれない両親の「自分で乗り越えろ」は正しい教育法ですか?

<幸せで忠実で愛情深い子供を演じているときだけ、親は「いい子だ、愛している」と言います。おかげで、否定的な感情が湧くと恥と罪悪感を抱くように

2021.05.11
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「最後の日々を実りあるものに」余命わずかの妻とセックスの可能性を模索すべき?

<寂しさを和らげるためにセックスドールを買おうと思うときもあります。こんな状況でそうした考えは常軌を逸していますか?> Q:10年近く連れ添

2021.05.10
英王室

メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

2021.05.08
英会話

日本人が英語を話せないのは、とっさに使える「武器センテンス」を持っていないから

2021.05.07
家庭

かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

2021.05.07
HIIT

話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

2021.05.06
韓国映画

はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き込まれ、究極の愛について考える

2021.05.03

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中