最新記事
ペット

極端に怖がりな犬、原因の「ビビリ脳」とその改善方法とは?

THE CANINE ANXIETY CIRCUIT

2023年5月24日(水)12時50分
メリッサ・スターリング(シドニー大学博士研究員)
犬

脳画像を解析すれば犬の「心」が見えてくる BERNADETT SZABOーREUTERS

<愛犬が興奮し無駄吠えするのは、恐怖体験で脳の「不安回路」が強化されたから>

犬は飼い主にとってかけがえのない友。その大切な相棒がちょっとしたことで吠えたり尻尾を丸めたりすれば、飼い主は頭を抱えるだろう。

なぜ、うちの子はこんなに臆病なの? そんな疑問に答えようと、ベルギーのゲント大学の研究チームは極度の不安を示す怖がりな犬とそうではない犬の脳画像を比較し、その特徴と行動の関係を探った。

オンライン科学誌PLOS ONEに掲載された同チームの論文によれば、極度に臆病な犬と健常な犬の脳には不安と関連した測定可能な構造上の違いがある。しかも、それと同様の違いは人間の不安障害の患者と健常者の脳にも見られるという。

同チームは、犬の不安と関連があるとみられる脳の経路を詳しく調べた。それにより獣医学における不安症の治療を改善できるだけでなく、人の不安障害に関する先行研究と突き合わせれば、人と犬の不安の類似点を明らかにできると考えたのだ。

チームは過度に臆病な犬とそうではない犬の脳をfMRI(機能的磁気共鳴映像法)で調べるため、飼い主に協力を呼びかけた。無麻酔で犬の脳をfMRIで調べる研究は過去にも行われているが、極端に神経質な犬を扱うこの実験では、犬に強いストレスを与えかねないため、全身麻酔をかけてスキャンを行った。

併せて実験に参加した犬の日頃の行動を調べるために、飼い主に調査票を渡して記入してもらった。

研究チームは人間を含む動物の不安に関する先行研究を基に、不安と関連する差異が見つかりそうな脳領域を「不安回路」と名付け、この領域に的を絞ってデータ解析と脳機能のモデリングを行った。

解析の目的は、異常に怖がりな犬と健常な犬では脳機能に違いがあるかどうか、あるとすればその違いは不安を示す行動と関連があるかどうかを明らかにすることだ。

結果、2群の犬の脳には有意な差異があることが分かった。大きな違いはコミュニケーション経路と「不安回路」内のニューロン(神経細胞)の連結の強さにあった。こうした違いは、飼い主が記入した調査票の、不安を示す行動の多さと関連があることも分かった。

例えば、怖がりな犬の脳では扁桃体の情報伝達網が強化されていて、極めて効率的に信号が伝わる。扁桃体は恐怖の処理をつかさどる領域で、そのネットワークが強化されているということは過去に何度も恐ろしい目に遭ってきたことを物語る。これと似た現象は人間の患者でも報告されている。

また、怖がりな犬は学習と情報処理に重要な役目を果たす脳の2つの領域の結び付きが比較的弱いことも分かった。調査票で飼い主が、怖がりな犬は「お手」などのしつけをしにくいと答えているのは、そのせいかもしれない。

脳についてはまだ分かっていないことも多く、この研究結果も慎重に解釈すべきだ。サンプル数も限られているし、麻酔をかけた状態でのスキャンという限界もある。それでもこの研究で極度に臆病な犬と健常な犬では脳の「配線」に測定可能な違いがあることは分かった。その違いが不安を引き起こすのか、その逆かは分からないが、犬も人と同じように不安にさいなまれることは確かだ。

幸い、犬の極度の不安は薬で改善できる。こうした研究が進めば、さらに効果的な治療法が開発され、ビビリな犬も落ち着いた幸せな「犬生」を送れるようになるだろう。

The Conversation

Melissa Starling, Postdoctoral researcher, University of Sydney

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

2024071623issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年7月16日/23日号(7月9日発売)は「まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50」特集。万引大国アメリカ、月にクマムシ、ウクライナでワインツーリズム、欧州アフリカ海底鉄道…… PLUS クイズ50

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退

ワールド

世界的システム障害、航空便や医療など影響多岐に 脆

ワールド

日米の防空ミサイル増産協力、ボーイングの部品供給が
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 6
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 7
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 8
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中