最新記事
音楽

ビヨンセ、スーパーボウルCMでの「七変化」にファン歓喜...新曲予告では「妖麗衣装で寝そべる姿」も

2024年2月16日(金)20時00分
千歳香奈子
ビヨンセ

ビヨンセ(2016年5月、ニューヨーク) Sky Cinema-Shutterstock

<猫耳ゲーマーや「バービー」をはじめ、さまざまな姿に変身して見せたビヨンセ。CMの最後には、新曲リリースをしれっと発表。その予告動画の内容も話題となっている>

歌姫ビヨンセが、2月11日に米ラスベガスで開催されたNFL王者決定戦スーパーボウルのテレビ中継で放送されたCMに出演し、その中で新曲のリリースをサプライズ発表。その直後にインスタグラムに投稿した動画で新アルバムを3月29日に発売すると明かすと同時に、新曲2曲もお披露目し、「冗談でしょ?!」とファンを歓喜させた。

【動画】新曲予告の「赤ランジェリーで寝そべるビヨンセ」&「七変化」を披露したスーパーボウルCM

大物スターが出演する豪華絢爛なCMが毎年話題になるスーパーボウルで、ビヨンセは米通信会社大手VerizonのCMに登場。「私ならパンクさせられる」と宣言し、あらゆる手段で世間の注目を集めてVerizonが誇る5Gネットワークの通信速度を落とそうとするスーパースター「ビヨンセ」を演じた。

レモネードスタンドを開設してファンを集めたり、ピンクの猫耳ヘッドホンを付けてゲーマーになったり、バービー風ピンクの衣装で「BarBey(Barbie×Beyonce)」に扮したり、自身のホログラムAIを紹介したり、大統領選への立候補を表明したり...と奮闘。ネットを賑わせようと試行錯誤する姿がコミカルに描かれている。最後は「宇宙でパフォーマンスする初の女性」に挑戦するも回線をパンクさせることはできず、「オッケー、準備はいいわね。新曲を発表するわよ」と重大発表で締めくくった。

その後インスタグラムに動画を投稿したビヨンセは、その中で「act ii,3.29」の文字で2022年リリースの「act i:RENAISSANCE」に次ぐアルバム第2弾を3月29日にリリースすることを発表。そして「TEXAS!HOLD'EM」と「16 Carriages」のシングル2曲もサプライズリリースした。

新曲でカントリーに挑戦、「ルーツを感じさせる」との声も

アルバムの予告動画は、謎の女性が荒野を車で運転するシーンから始まり、驚いた様子で頭上を見上げる男性の集団に映像が切り替わると、視線の先に「TEXAS!HOLD'EM」の文字と真っ赤なランジェリー姿でセクシーなポーズを取るビヨンセが描かれた巨大ビルボードが登場する。これを見たファンは、「すでにネットワークをパンクさせた」「Verizonに伝えないと」などと書き込み、CMの続きを楽しんだ。

YouTubeで公開された新曲も話題を呼んでいる。R&Bとポップを融合した音楽で数々のヒットを生み出し、「Renaissance」ではハウスミュージックを取り入れたビヨンセは、新曲でカントリーミュージックに挑戦。故郷の米テキサスをタイトルにつけていることから「ルーツを感じさせる」との声や「このエラ(時代)に乗っている」「カントリーミュージックにおける黒人の歴史を調べないと」などのコメントも寄せられている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は続落で寄り付く、半導体売り続く 一時30

ビジネス

海外勢の米国債保有、2月は過去最高更新 日本の保有

ビジネス

米インフレ抑制、停滞の可能性=ボウマンFRB理事

ビジネス

G7財務相、イラン制裁やロシア凍結資産の活用で協力
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 3

    【画像・動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 9

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 10

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中