最新記事
音楽

AI乱用への警鐘?...気持ち悪すぎて「見るに堪えない」ビートルズ「最後の新曲」のミュージックビデオの罪

Would John Have Approved?

2023年11月30日(木)14時20分
サム・アダムズ(スレート誌映画担当)
ビートルズ

故人のレノンとハリスンもビデオに登場 THE BEATLES/YOUTUBEーSLATE

<これではビートルズへの冒瀆。技術の進化に乗じて、今は亡きジョンとジョージを引っ張り出した監督の罪深さについて>

ジョン・レノンが踊っている。ビートルズのほかのメンバーが楽器を弾き歌う横で、お調子者のレノンはご機嫌な様子で跳ねるように踊る。

だが何かがおかしい。両手をイルカのひれみたいにパタパタさせ、妙な角度に曲げたかと思うと、窓でも拭くように宙で円を描く。体と頭の動きも微妙にずれる。手拍子のリズムが取れない聴衆のように、乗りが不自然だ。

これは「ビートルズ最後の新曲」と銘打って発表された「ナウ・アンド・ゼン」のミュージックビデオの一場面。ビデオは追憶の旅として幕を開け、存命のポール・マッカートニーとリンゴ・スターの映像を、今は亡きレノンとジョージ・ハリスンの昔の映像と交互に見せる。

しかし監督のピーター・ジャクソンは歳月をさかのぼるだけでは飽き足らず、消してしまいたかったらしい。

80代のマッカートニーとスターを『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』時代のレノン、ハリスンと共演させ、白髪のマッカートニーの横に亡霊のようなハリスンを立たせた。

ジャクソンが2021年のドキュメンタリー『ザ・ビートルズ:Get Back』の制作中に新技術を開発しなければ、新曲は誕生しなかっただろう。45年前の音源からレノンの声を分離できたのは、このAI(人工知能)技術のおかげだ。だが完成した曲はビートルズ風味のしぼりかすのようで、冴えない。

さらに、ビデオは別次元でたちが悪い。ジャクソンはレノンとハリスンを引っ張り出し、共犯者に仕立てて有無を言わさず協力させた。もはや追悼というより墓荒らしだ。

ジャクソンが約10年前に完結させた『ホビット』3部作は、文字どおり見るに堪えない映画だった。HFR(ハイフレームレート)3Dの採用が裏目に出たのだ。

故人は拒否できないのに

通常の倍の1秒48コマで撮影し映写するデジタル技術HFR3Dを彼が使ったのは、ファンタジーにリアルな感触を加えるためだった。ところがその映像は鮮明すぎて、観客は映画を見ているのではなく撮影現場に放り込まれた気がした。

その前の『ロード・オブ・ザ・リング』3部作では、特定の俳優を共演者より大きく見せる強制遠近法のような昔ながらの映画のマジックが、デジタル特殊効果とうまく同居していた。

しかし、それ以降のジャクソンは映画の出来を度外視し、最新テクノロジーを試すための方便として映画を利用している感がある。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 3

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 4

    英王族にプライベートは許されない? 「ドタキャン」…

  • 5

    独占インタビュー:師弟関係にあった佐渡裕が語る、…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    バイオリンの巨匠、パールマンが語る小澤征爾との「…

  • 8

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 9

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 10

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 8

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 9

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 10

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 10

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中