最新記事

キャンセルカルチャー

カニエ・ウェスト、数々の暴言や奇行を振り返る...それでも「キャンセル」されない理由とは?

Canceling Kanye West

2023年9月19日(火)16時30分
シャノン・パワー
カニエ・ウェスト

非凡なラッパーだが、最近は本業よりも奇矯な振る舞いが話題のウェスト X17/AFLO

<差別発言の連発で提携企業に見放された大物ラッパーを私たちが求め続ける理由>

カニエ・ウェスト(現在はイェと改名)の暴言や奇行は今に始まったことではない。だが近年、その問題行動がエスカレートし、「キャンセル」を求める声が増している。

ウェスト(46)はヒップホップのプロデューサーとして名を成した後、自身もマイクを握り、史上最高レベルに多作なラッパーとなった。

2014年にリアリティー番組のスター、キム・カーダシアンと結婚してからは、音楽を超えてその名を世界にとどろかせた。ファッションビジネスに乗り出し、アディダスと共同でスポーツブランド「YEEZY(イージー)」を立ち上げて大いに儲けた。

だが最近は孤立を深め、昨年10月にはアディダスが契約を解消。今後ウェストが「キャンセル」される──社会的に抹殺される──ことはあるのだろうか。

保守派の黒人政治評論家キャンディス・オーウェンズは、その可能性はないとみる。「カニエ・ウェストは決してキャンセルされない」と、彼女は8月8日、X(旧ツイッター)に投稿した。「この事実を受け入れ難い人もいるだろう。恵まれた人間は、ゼロからたたき上げた人間を理解できない。ウェストをつくったのは恵まれた白人の支配層ではないから、彼らにウェストをつぶすことはできない」

「キャンセル」の概念は黒人文化から生まれた。

最初にこの表現が使われたのは1991年の映画『ニュー・ジャック・シティ』とみられ、2014年にリアリティー番組『ラブ&ヒップホップ』で、ある出演者が恋人に「おまえをキャンセルする」と言ったのをきっかけに広まった。不祥事を起こした有名人をSNSなどでつるし上げて社会的に抹殺する現象は、今では「キャンセル・カルチャー」と呼ばれている。

オーウェンズとは視点が違うが、人間関係が専門のコンサルタントでライフコーチのシラーニ・パタクも、キャンセルはないと予想する。

「ウェストはドナルド・トランプと同じく、人気が衰えず、『キャンセル不可能』なアイコンとして歴史に残るだろう。人はアイコン級の有名人と下世話なゴシップに目がない」と、彼女は言う。

「カルチャーアイコンであり、ゴシップを提供してくれる。だから干されて消えることはない。私たちの社会は、ウェストのような有名人に夢中なのだ。彼らを悪役に仕立てて攻撃すれば気が紛れるし、自分の問題に目を向けないでいられる」

ソニーのブラビアが30%オフ【アマゾン タイムセール(10月2日)】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

伊ベネチアでバス転落・炎上、少なくとも21人死亡

ワールド

米下院、マッカーシー議長の解任を決議 史上初

ビジネス

米国株式市場=S&P6月以来の安値、金利高止まり観

ビジネス

米経済見通しを楽観視、金利は中期的に正常な水準へ=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2023年の大谷翔平

特集:2023年の大谷翔平

2023年10月10日/2023年10月17日号(10/ 3発売)

WBCは劇的優勝、ケガで無念の離脱、そして日本人初本塁打王へ。激動の大谷イヤーを現地発の記事と写真で振り返る

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【独自】祝ホームラン王!「最強の戦友」マイク・トラウトに聞く、大谷翔平の素顔

  • 2

    複数のドローンがロシア西部「ミサイル工場」を攻撃、その閃光と爆音を捉えた映像

  • 3

    メドベージェフが発した核より現実的で恐しい戦線拡大の脅し

  • 4

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 5

    ウクライナ軍の捕虜になったロシア軍少佐...取り調べ…

  • 6

    ロシア軍スホーイ戦闘機など4機ほぼ同時に「撃墜」され…

  • 7

    台湾初「国産潜水艦」がついに進水...中国への抑止力…

  • 8

    処理水批判の中国から日本に観光客は来て...いる? …

  • 9

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 10

    中国不動産バブル崩壊で地方役人は戦々恐々

  • 1

    黒海艦隊「提督」の軽過ぎた「戦死」の裏に何があったのか

  • 2

    【独自】祝ホームラン王!「最強の戦友」マイク・トラウトに聞く、大谷翔平の素顔

  • 3

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗組員全員死亡説も

  • 4

    ウクライナ軍の捕虜になったロシア軍少佐...取り調べ…

  • 5

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 6

    エリザベス女王も大絶賛した、キャサリン妃の「美髪…

  • 7

    ワグネル傭兵が搭乗か? マリの空港で大型輸送機が…

  • 8

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 9

    ロシア軍スホーイ戦闘機など4機ほぼ同時に「撃墜」され…

  • 10

    ウクライナ「戦況」が変わる? ゼレンスキーが欲しが…

  • 1

    黒海艦隊「提督」の軽過ぎた「戦死」の裏に何があったのか

  • 2

    イーロン・マスクからスターリンクを買収することに決めました(パックン)

  • 3

    【独自】祝ホームラン王!「最強の戦友」マイク・トラウトに聞く、大谷翔平の素顔

  • 4

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 5

    コンプライアンス専門家が読み解く、ジャニーズ事務…

  • 6

    「児童ポルノだ」「未成年なのに」 韓国の大人気女性…

  • 7

    <動画>ウクライナのために戦うアメリカ人志願兵部…

  • 8

    「これが現代の戦争だ」 数千ドルのドローンが、ロシ…

  • 9

    「この国の恥だ!」 インドで暴徒が女性を裸にし、街…

  • 10

    ウクライナ軍の捕虜になったロシア軍少佐...取り調べ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中