最新記事

BTS

BTSのSUGA、日本のファンに感謝伝える「アミシカカタン!」が話題に

2023年6月7日(水)16時50分
大橋 希(本誌記者)
BTSのSUGA

BTSのステージとは一味違ったパフォーマンスを披露したSUGA (C)BIGHIT MUSIC

<初のソロツアーで来日したBTSのSUGAが見せた多彩な才能と「イルアミ」たちに伝えた感謝>

韓国の人気グループBTSがグループ活動休止を発表したのは昨年6月。7人が個別に活動するなか(JINとJ-HOPEは入隊中)、メンバー初のソロツアーを行っているのがSUGA(シュガ)だ。

4月26日に米ニューヨーク州で始まったツアー「SUGA | Agust D TOUR」はアメリカ計5都市、ジャカルタ(インドネシア)、日本、バンコク(タイ)、シンガポールを経て、6月25日に韓国・ソウルで最終公演が行われる。

日本公演は6月2~4日に横浜・ぴあアリーナMMで開催されたが、その少し前からSNSではイルアミ(日本のファン)たちの心配な声が流れていた。

*BTSのファンを意味する「ARMY」の韓国語読みは「アミ」。日本は「イルボン」なので、日本のファンは「イルアミ」と呼ばれる。日本のコンサートは「イルコン」。

他国公演の様子を知ったイルアミに焦り

アメリカ公演が始まると、現地のARMYの超盛り上がる様子が伝わってきたからだ。韓国語の歌詞も覚えて、大きな声で一緒に歌う。歓声もすごい──。他国に比べておとなしいと言われているイルアミにとっては、「私たちもたくさん声を出して、SUGAに喜んでもらわなくては」というプレッシャーになったようだ。しかもBTSのメンバーの来日公演は4年ぶりのこと。「イルコンもがんばろう!」といったツイートや、韓国語で歌えるようにハングルの歌詞にふりがなを付けて流す人もいた。

そして5月下旬のジャカルタ公演で咳をし、体調が万全ではなさそうなSUGAの様子が伝わってくると、日本のアミたちにはさらにプレッシャーが......。喉のつらそうなSUGAを支えよう、私たちも一緒に歌おう、という声が一段と大きくなった。

だが、そんな心配は吹き飛ぶ3日間だったようだ。

公演の幕開けは、4月に発売された初のソロアルバム『D-DAY』のタイトル曲「해금 (ヘグム)」。ソロ曲から、メンバーたちとのユニット曲まで次々と繰り出し、約2時間で全曲23を熱唱した。もちろん彼の真骨頂である高速ラップもたっぷり。その姿に応え、アミたちもしっかりと歓声で盛り上げた。

BTSのステージとは違い激しいダンスはないが、ギターやピアノを演奏する見せ場もあり、3月に亡くなった坂本龍一の参加した「Snooze」の披露前には2人が対面する映像も流れた。イルアミにとっては特別な光景だったろう。

「MacBook Pro」が21%オフ【アマゾン タイムセール(9月22日)】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:需要高まる「排出量ゼロ配送」、新興企業は

ビジネス

アングル:避妊具メーカー、インドに照準 使用率低い

ビジネス

UAW、GMとステランティスでスト拡大 フォードと

ワールド

ゼレンスキー氏、カナダの支援に謝意 「ロシアに敗北

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:グローバルサウス入門

特集:グローバルサウス入門

2023年9月19日/2023年9月26日号(9/12発売)

経済成長と人口増を背景に力を増す新勢力の正体を国際政治学者イアン・ブレマーが読む

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    マイクロプラスチック摂取の悪影響、マウス実験で脳への蓄積と「異常行動」が観察される

  • 2

    J.クルーのサイトをダウンさせた...「メーガン妃ファッション」の影響力はいまだ健在

  • 3

    アメックスが個人・ビジネス向けプラチナ・カードをリニューアル...今の時代にこそ求められるサービスを拡充

  • 4

    墜落したプリゴジンの航空機に搭乗...「客室乗務員」…

  • 5

    毒を盛られたとの憶測も...プーチンの「忠実なしもべ…

  • 6

    ロシアに裏切られたもう一つの旧ソ連国アルメニア、…

  • 7

    ワグネルに代わるロシア「主力部隊」の無秩序すぎる…

  • 8

    米モデル、ほぼ全裸に「鉄の触手」のみの過激露出...…

  • 9

    常識破りのイーロン・マスク、テスラ「ギガキャスト」に…

  • 10

    血糖値が急上昇する食事が「血管と全身の老化」をもた…

  • 1

    コンプライアンス専門家が読み解く、ジャニーズ事務所の「失敗の本質」

  • 2

    突風でキャサリン妃のスカートが...あわや大惨事を防いだのは「頼れる叔母」ソフィー妃

  • 3

    米モデル、ほぼ全裸に「鉄の触手」のみの過激露出...スキンヘッドにファン驚愕

  • 4

    インドネシアを走る「都営地下鉄三田線」...市民の足…

  • 5

    「死を待つのみ」「一体なぜ?」 上顎が完全に失われ…

  • 6

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 7

    常識破りのイーロン・マスク、テスラ「ギガキャスト」に…

  • 8

    「特急オホーツク」「寝台特急北斗星」がタイを走る.…

  • 9

    墜落したプリゴジンの航空機に搭乗...「客室乗務員」…

  • 10

    「この国の恥だ!」 インドで暴徒が女性を裸にし、街…

  • 1

    墜落したプリゴジンの航空機に搭乗...「客室乗務員」が、家族に送っていた「最後」のメールと写真

  • 2

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗組員全員死亡説も

  • 3

    イーロン・マスクからスターリンクを買収することに決めました(パックン)

  • 4

    <動画>ウクライナのために戦うアメリカ人志願兵部…

  • 5

    「児童ポルノだ」「未成年なのに」 韓国の大人気女性…

  • 6

    コンプライアンス専門家が読み解く、ジャニーズ事務…

  • 7

    サッカー女子W杯で大健闘のイングランドと、目に余る…

  • 8

    バストトップもあらわ...米歌手、ほぼ全裸な極小下着…

  • 9

    「これが現代の戦争だ」 数千ドルのドローンが、ロシ…

  • 10

    「この国の恥だ!」 インドで暴徒が女性を裸にし、街…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中