最新記事

ネット

ビリー・アイリッシュがSNSアプリを全て削除 ネット疲れの若手セレブは他にも...

2023年3月6日(月)14時00分
千歳香奈子
ビリー・アイリッシュ

環境メディア協会賞を受賞したビリー・アイリッシュ(2022年10月、ロサンゼルス) Mario Anzuoni-REUTERS

<インスタ上で1億人以上のフォロワーを抱えるZ世代のカリスマが脱SNS宣言した理由とは?>

17歳だった2019年にリリースしたデビューアルバムが世界を席巻し、史上最年少の18歳でグラミー賞主要4部門を独占する快挙を成し遂げたビリー・アイリッシュ。

音楽だけでなく、個性的なファッションや社会問題へのメッセージの発信などでも10代の若者を魅了し、カリスマとして絶大な人気を誇ってきたビリーが、ポッドキャスト番組『コナン・オブライエン・ニーズ・ア・フレンド』に出演し、自身のスマートフォンからSNSアプリをすべて削除したことを明かした。

【写真】ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

1億人を超えるインスタグラムのフォロワー数を誇るビリーが、「ソーシャルメディアはもう見ない」と脱SNS宣言した理由は何だったのだろう。

偽情報に踊らされている

10代になる前からiPhoneがあり、10代になる頃にはすでにインターネットが身近な存在だった世代の一人だと語るビリーは、「私はインターネットの理想的な時代に育ったと感じている。子ども時代を失うほどインターネットに支配されてはおらず、ちゃんとした子ども時代を過ごし、色々な経験もした」とコメント。一方で、インターネットと共に10代を過ごしてきたビリーは自身を「インターネット・パーソン」だと話し、ネットを見ることは日常の一部で、そこに自分に関する情報が含まれていることはあまり気に留めていなかったと言う。

「何年も変わろうとせず、延々と同じように日々動画や投稿を見続けているうちに徐々に自分に関する内容を目にする機会が増えた」と話し、「気持ち悪い」と不快に感じたことがネットを見るのが嫌になった要因だと説明。

さらに、「私はインターネットで読んだものを全て信じてしまう。馬鹿げていると分かっているし、それが真実ではない証拠もあるのにね。ネット上に、本当のことなんてないのに」とも話し、昨今社会問題にもなっているネット上の偽情報に踊らされていることも告白。

自身に関する情報も嘘が多く、「私のことを知らないのにまるで真実を知っているかのように"ビリー・アイリッシュは最低の人間だ"と書かれたこともある」と述べ、「それがネットの怖いところ。みんな騙されてしまう」と苦言を呈し、フェイクニュースやデマがネット上に蔓延していることも理由の一つに上げている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

UBS、新たな人員削減計画 クレディ・スイス統合で

ビジネス

G7財務相、イラン制裁やロシア凍結資産の活用で協力

ワールド

チリ中銀、1%利下げも検討=議事要旨

ワールド

米、ベネズエラ石油部門の制裁復活 公正な選挙実現を
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 3

    【画像・動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 9

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 10

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中