最新記事

ネット

マライア・キャリー、十八番でまさかの口パクに批判続出 「クリスマスの女王」の称号も却下される

2022年12月2日(金)11時05分
千歳香奈子

マライアにとってクリスマスは「一番の稼ぎ時」(写真は2019年10月) Mario Anzuoni-REUTERS

<たくさんのバックダンサーに華やかなステージ、肝心の本人は棒立ちで口パク......>

この時期になると否が応でも必ず耳にするマライア・キャリーのヒット曲『All I Want For Christmas Is You(恋人たちのクリスマス)』。1994年のリリースから25年目となった19年のホリデーシーズンに、ビルボ―ド・ソング・チャート「Hot 100」で初トップを獲得して以降、3年連続で首位に君臨し続けている。

毎年12月にこの楽曲で60万~100万ドルを稼ぐとされるマライアだが、このほど出演した感謝祭のパレードで披露した『恋人たちのクリスマス』を巡って「あからさまな口パク」「やる気ゼロ」と批判され、炎上している。

11月24日にニューヨークで開催されたホリデーシーズンの幕開けを告げる毎年恒例のメイシーズのサンクスギビングデー・パレードに、真っ赤なドレスにクリスタルを散りばめた豪華なティアラをつけ、赤い傘を持って登場。

しかし、たくさんのバックダンサーに囲まれた華やかなステージとは裏腹に、聞えてきたのは事前に録音したと思われる音源で、ほぼ棒立ち状態のマライアがただ歌詞を口ずさんでいるだけのように見える。

もはや口パクであることを隠す気配すらない人形のような歌姫に、ネットは騒然。「何百万人もの観衆の前で傘を持ってただ突っ立っている。正直、私は怒ってはいない。むしろ尊敬する」「ただ立っているだけで大金をもらっている。もはや実際に歌っているように振舞うことさえしていない」など、批判の嵐となった。

【動画】感謝祭のパレードで披露した「やる気ゼロ」と批判される『恋人たちのクリスマス』

それでも「ディーバ」は動じない

パフォーマンスが酷評されたマライアだが、実はこの直前に自他ともに認める「クリスマスの女王」の称号を巡ってトラブルが起きていた。

マライアは今年に入って、「Queen of Christmas」「Princess Christmas」「GOC(The Gift of Christmas)」の称号を正式に手にするべく、米特許商標庁にタイトルの登録申請を行っていたのだが、クリスマスソング専門の歌手エリザベス・チャンから「待った」がかかった。

法廷論争の末に「クリスマスはみんなのもので、誰かが所有できるものではない」として申請が却下されていたのだ。

クリスマスの女王になり損ねたことが影響したかどうかは定かではないが、見え見えの口パクが「プロとして恥ずかしい」とまで言われても動じないのが「ディーバ(わがまま歌姫)マライア」だ。

1年で最も稼ぎ時のクリスマスとあり、12月はクリスマスソングメドレーを披露する4日間限定の特別クリスマスコンサートの開催に、CBSテレビで放送されるクリスマス特別番組『Mariah Carey: Merry Christmas to All!』への出演と大忙しだ。さらにその合間を縫って、ファン1組を自身のニューヨークの自宅に招待して特別なクリスマスパーティーを行う企画も発表している。

【動画】クリスマスにファン1組を自宅に招く企画を宣伝するマライア

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、資金集めパーティー開始へ 24年選挙に

ビジネス

南ア訪問の米財務長官、中ロとの軍事演習計画への懸念

ビジネス

日本の物価、現時点でデフレではない状況が継続=岸田

ワールド

英財務相、成長促進へ生産性向上に意欲 増税方針は堅

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家族に届ける「噛まれた跡はない」

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 8

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    ドイツの最強戦車「レオパルト2」を大量供与しなけれ…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 8

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月