最新記事

映画

エネルギーと魅力に溢れた2人をずっと見ていたくなる青春映画『リコリス・ピザ』

The Immaculate Vibes

2022年7月1日(金)17時52分
デーナ・スティーブンズ(映画評論家)

ゲーリー(左)とアラナは、ぶつかりながらもエネルギッシュに前へ前へと進み続ける ©2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

<P・T・アンダーソン監督の新作映画『リコリス・ピザ』は、大物俳優も脇役としてこぞってサポートする>

ポール・トーマス・アンダーソン監督の新作『リコリス・ピザ』は、1970年代のハリウッドが舞台の青春映画だ。ただし映画業界の内幕を描くのではない。映画製作スタジオが集まるサンフェルナンドバレー地区に住む高校生の、はちゃめちゃながらも愛すべき成長物語だ。

映画の舞台と同じエリアで映画関係者に囲まれて育ったアンダーソン(51)にとって、本作はこれまでで最も自伝に近い作品のように感じられる。ただし実際に物語のベースとなったのは、子役スター転じて現在は映画プロデューサーとして活躍するゲーリー・ゴーツマン(69)の生い立ちについて、アンダーソンが直接聞いた話だ。

主人公ゲーリー・バレンタインは、サンフェルナンドバレーの高校に通う15歳。アンダーソンはこのキャラクターに特別な愛着を感じているようで、数多くのアンダーソン作品に出演した故フィリップ・シーモア・ホフマンの息子、クーパー・ホフマン(19)をこの役に起用した。

ゲーリーが恋に落ちるのは、10歳も年上のアラナ・ケイン。演じるのは、人気抜群の3人姉妹ポップロックバンド「ハイム」の末っ子であるアラナ・ハイムだ。アラナはゲーリーの通う高校の証明写真撮影日に、カメラマンのアシスタントとしてやって来る。

頭の回転が速くて皮肉屋で、ちょっぴり高飛車だけれど自分が何になりたいか分からなくて、どこか弱さを秘めたアラナは最高に魅力的なキャラクターだ。ミニスカートにウェッジサンダル姿で登場するアラナに、ゲーリー(と観客)は一目ぼれする。

大スターが続々と出演

さっそくアラナにアプローチするゲーリーだが、年上の彼女は笑って相手にしない。だが食事を一緒にすると、2人はすぐに友達兼ビジネスパートナーの関係になる。

ゲーリーが端役で出演した映画のプロモーションのためにニューヨークを訪問することになったときは、シングルマザーで多忙なゲーリーの母親に代わって、アラナがゲーリーの保護者として同行することになる。

これを機にアラナは女優を目指すことを考えるようになる。ゲーリーは少ないツテを駆使して懸命にサポートしようとするが、うまくいかない。その一方で、彼は当時大流行したウオーターベッドの販売事業を立ち上げ、意外にも好調なスタートを切る。

この映画の中盤では、大スターが続々と登場して、実在した大スターとおぼしきキャラクターを喜々として演じる。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日本製鉄、4―12月期最終利益5171億円 来期粗

ワールド

米財務長官、訪中の「実現望む」 気球問題で調整に支

ワールド

賃上げや子育て支援、自公国3党で実務者協議入り=茂

ワールド

豪、国防省内の中国製監視カメラ調査へ 特定製品は撤

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    中国にリスク覚悟で「偵察気球」を送らせた3つの対米不満

  • 2

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 3

    韓国戦車が欧州の戦場を埋め尽くす日

  • 4

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 5

    絶滅危惧種の赤ちゃんを食べた女性インフルエンサー…

  • 6

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 7

    Z世代セレブの間に「ノーパンツ」ブーム? ズボンを…

  • 8

    「片づけを諦めた」──アメリカ人の神「こんまり」の…

  • 9

    「走る要塞?」...防弾仕様、核電磁パルス対応の武装…

  • 10

    性的暴行犯、裁判で「性自認は女性」と訴え女子刑務…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 4

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 5

    中国にリスク覚悟で「偵察気球」を送らせた3つの対米…

  • 6

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 7

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 10

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月