最新記事

映画

ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム』最新作が示す「宇宙」の未来

MCU: Let There Be Change

2021年12月2日(木)17時07分
ジュリア・アレクサンダー

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』 SONY PICTURES-SLATE

<「ヴェノム」とスパイダーマンがいよいよ共演? 群雄割拠のスーパーヒーロー帝国で新たな章が始まるのか>

シリーズ第2弾『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のエンドロール後に流れるシーンは、マーベル映画によくある続編への布石とは違う。次はどうなるかをにおわすのではなく、私たちにこんな疑問を持たせる──いったい何が起きるのか(以下、ネタバレあり)。

エディ・ブロック(トム・ハーディ)と相棒のヴェノムは宿敵カーネイジ(ウディ・ハレルソン)を倒し、テレビを見ながらくつろいでいる。エディは自分に寄生した地球外生命体のヴェノムに、まだ秘密があるのではないかと尋ねる。

ヴェノムが、共生生物のネットワークを通じて複数の宇宙がつながっていることを説明しようとしたとき、部屋が鮮やかな黄色い光に包まれる。テレビがニュースに切り替わり、「スパイダーマン」でおなじみのデイリー・ビューグル紙のJ・ジョナ・ジェイムソンがピーター・パーカー(スパイダーマン)について語り始める。だが画面に映るスパイダーマンは、トビー・マグワイアでもアンドリュー・ガーフィールドでもない。最新シリーズのトム・ホランドだ。

スーパーヒーロー世界のユニバース化

スーパーヒーロー映画の世界は「ユニバース化」が進んでいる。さまざまな作品の世界観がつながって宇宙(ユニバース)を共有しているというコンセプトで、物語の枠を超えてキャラクターが共演。クロスオーバー作品が数多く誕生している。

マーベル映画で展開されている宇宙は2つ。「キャプテン・アメリカ」や「アイアンマン」を擁するマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)と、ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース(SSU)だ。

だからマーベルのファンは、あの場面に息をのんだ。SSUの「ヴェノム」の主人公たちがホランド版のピーターを見ているということは、MCUシリーズ第3弾『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(日本公開は来年1月7日)に、ヴェノムが登場する可能性があるのだろうか?

MCUとSSUのクロスオーバーが、ついに実現するのか。

『ノー・ウェイ・ホーム』は、前作の最後で正体を暴露されたピーターがドクター・ストレンジに時間を巻き戻してほしいと頼み、その過程で時空の連続体が壊れてしまう。『レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の最後のあの黄色い光は、時空の扉が開いたという意味なのだろうか。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国7月PPI、17カ月ぶり低い伸び CPI上昇率

ビジネス

中国ラッキンコーヒー、国内店舗数拡大を計画 米再上

ワールド

経産相に西村康稔氏、防衛相に浜田靖一氏=第2次岸田

ビジネス

マスク氏がテスラ株売却、69億ドル相当 ツイッター

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 3

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 4

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 5

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 6

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 7

    【映像】華麗なるスライディングを披露するゴリラ

  • 8

    【映像】多指症の猫、25本の指で毛布をこねこね

  • 9

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 10

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホットコーヒーを浴びせる

  • 3

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 4

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 5

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 8

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 9

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 10

    冬に向けて「脱ロシア化」準備中──じわじわ効果を上…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月