最新記事

映画

ゴールデングローブ賞は時代遅れの差別主義? 英語5割未満で作品賞から排除

2021年1月12日(火)20時40分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

自身の会社の作品『ミナリ』がゴールデングローブ賞で、まさかの作品賞締め出しを食らったブラッド・ピット。写真は昨年助演男優賞を受賞したときのもの。MIKE BLAKE - REUTERS

<各国の映画祭で絶賛された『ミナリ』がアカデミー賞の前哨戦で作品賞にノミネートされず>

昨年、韓国である映画『パラサイト』が米アカデミー賞で4冠を制し、大きな話題となった。世界中から今後の韓国映画に期待を寄せられているなか、ある映画の国籍をめぐって意見が分かれていることはご存じだろうか?

映画『ミナリ』は、1980年代アメリカ南部アーカンソー州の農場へ移民としてやってきたある韓国人家族の物語だ。アメリカンドリームをつかもうと土地を買い、様ざまな困難にいき当たろうとも希望を忘れず前を向き懸命に生きていく一家の姿を描いている。

主人公一家の大黒柱を務めるのは、『ウォーキング・デッド』で一躍スターとなり、その後イ・チャンドン監督の映画『バーニング 』では、第44回ロサンゼルス映画批評家協会賞にて助演男優賞も受賞したスティーヴン・ユァン。その他、彼の妻モニカ役に『人狼』『海にかかる霧』『最悪な一日Worst Woman(原題)』のハン・イェリ。モニカの母親スンジャ役は、韓国映画・ドラマ好きなら1度は目にしたことがあるであろうベテラン女優ユン・ヨジョンが演じている。

そして、監督はハリウッド実写版『君の名は。』の監督に抜擢され、自身も韓国系アメリカ人であるリー・アイザック・チョンがメガフォンを取った。

全米各地の映画賞ですでに8つの助演女優賞を受賞

映画『ミナリ』は、昨年の1月第36回サンダンス映画祭でプレミア上映され、審査員と観客賞をW受賞したことを皮切りに、すでに各国の映画祭にて上映され喝采を浴びている。今年のアカデミー賞に最も近い作品であると、すでに関係者の間では噂がもちきりだ。

作品賞はもちろんだが、主人公の義母を演じたユン・ヨジョンは、第46回LA批評家協会賞をはじめ、ボストン批評家協会賞、ノースカロライナ批評家協会賞、オクラホマ批評家協会賞、コロンバス批評家協会賞、Greater Westernニューヨーク批評家協会賞、アメリカ女性映画記者協会、サンセット・フィルム・サークル・アワードで「最優秀助演賞」を軒並み制し、こちらもアカデミー賞ノミネートが期待されている。

そして、昨年12月22日、ゴールデングローブ賞2021のノミネート作品が発表された。ゴールグローブといえば、米アカデミー賞の前哨戦として有名だ。もちろん、この映画『ミナリ』は、満場一致で作品賞候補作としてエントリーされると誰もが思っていた。しかし、作品賞の候補から落とされてしまった。なんとセリフの半分以上が韓国語だからという。

ゴールデングローブ賞の主催者側は、劇中の台詞の50%以上が英語以外の言語である場合「外国語映画賞」にカテゴリーされると主張している。おととし、中国系移民一家を描き、こちらも各国で絶賛を浴びた映画『フェアウェル』も、この基準によって作品賞ノミネートから外された。

『ミナリ』が外国語映画とされたニュースが報道されるや否や、アメリカでは「これは差別である」という批判の声が上がり始めた。

ニュース速報

ワールド

高齢者へのワクチン接種開始、早くて4月1日から=河

ワールド

北京市、新型コロナ対策を強化 春節や全人代を控え

ワールド

インド国産コロナワクチン、英国型変異種にも有効の可

ビジネス

ロンドン金融街、EU市場へのアクセスなくても繁栄へ

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 3

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きていることは日本でも起きている

  • 4

    欧州世論調査「米中対立、アメリカ支持は約2割」

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 7

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 8

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 9

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 10

    ガンジス川に沈んだ廃プラ回収事業 年間目標450トン…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月