最新記事

人生を変えた55冊

壇蜜 寄稿:因果応報と百合萌えと壇蜜としての天命【人生を変えた5冊】

2020年8月15日(土)11時45分
壇蜜(タレント)

時事通信社

<壇蜜さん、あなたの5冊を教えてください――。すると彼女は、さくらももこ『もものかんづめ』に今野緒雪『マリア様がみてる』、浅田次郎『蒼穹の昴』と、本に彩られた半生を綴ってくれた。本誌「人生を変えた55冊」特集より>

とても人様に自慢できるような半生を送ってはいないが、さまざまな本に「これまで」をつくってもらった自覚はしている。今からご紹介する本がなければ、今頃どうなっていたか分からない......と言っても過言ではない。
2020081118issue_cover200.jpg
幼い頃から大人ばかりの環境で過保護気味に育てられ、共働きの両親に代わり祖父母が私のしつけをしてくれた。なかでも祖母チョイスの絵本、『なしうりと せんにん』は当時から私に因果応報の仕組みをシビアに刷り込んでいたと思う。中国の昔話で、梨を売り歩く男が老人(実は妖術を使う仙人)を邪険に扱ったせいで商品の梨を妖術で没収されてしまうストーリーに震えた。読み終わってから祖母が「人には親切にしなさい」と締めくくるのも、なかなかの圧があった。


『なしうりと せんにん』
 小沢正[著](中国の昔話)
 チャイルド本社

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

こうして人には親切にしようと心掛けるようになるが、一人っ子ゆえの頼りなさにおせっかいのような親切心がアンバランスに配合されてしまう。親切とおせっかいの区別が付かぬままクラスメイトに接したので、小学校時代はとにかく「うざい」と言われてつまはじきにされる。

強制的に一人になった私の側には『もものかんづめ』があった。父がエッセー好きで薦めてくれたのだった。漫画家さくらももこ氏の幼少期や青年期に体験した理不尽な出来事や思い出深い体験を悲喜こもごもにつづったそれを読み、世の中は親切だけでは生きていけない現実を知る。


『もものかんづめ』
 さくらももこ[著]
 集英社

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

嫌われ者として孤独なローティーンを過ごした私も中高生になると周囲に気の合う仲間もできて、学校生活の張り合いが出てくる。しかし舞台は女子校、おまけに思春期真っ盛りなので何かと耽美な世界にのめり込む。おとぎ話のような、でも実際にあってもおかしくないような世界観を求めて本を探し、『ウォーレスの人魚』(岩井俊二)と出会う。


『ウォーレスの人魚』
 岩井俊二[著]
 KADOKAWA

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

海の中で進化を遂げた人間......人魚が存在し、人魚の血を引く人間がいるかもしれないというストーリーはロマンチックで少し臨場感があった。退屈な箱庭のような学園生活から逃避するための手段として、私は人魚のことをよく考えるようになった。今でもいると信じている節はある。

そんな箱庭の子羊も大学を経て社会に出ていく準備をしなくてはいけない時間が来た。そろそろ現実と向き合わなくてはいけないが、どうにもこうにも逃避の癖が抜けない。

【関連記事】太田光を変えた5冊──藤村、太宰からヴォネガットまで「笑い」の原点に哲学あり

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ロシア反体制指導者ナワリヌイ氏が退院、医師「完全回

ワールド

7─8月の感染拡大は接待飲食が主因=西村再生相

ビジネス

訂正:日経平均は小反落、円高一服が安心感誘い徐々に

ワールド

焦点:効果上がる米の遠隔医療、規制緩和が活用後押し

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で留学生らを排斥

  • 3

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首相の「デジタル化」大号令

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 6

    台湾・蔡英文総統、菅首相と電話会談予定せず 森元首…

  • 7

    アフリカで外国による軍事基地建設ラッシュが起きて…

  • 8

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 9

    米科学誌が初めて特定候補支持を表明、「事実に基づ…

  • 10

    関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 5

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 6

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 7

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 8

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 9

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 10

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月