最新記事

ネット

スマホで裸を見せ合う子供たち

ヌード写真を親から隠す「ボールトアプリ」って?

2015年11月30日(月)15時50分
セウン・リー

大流行 アメリカの10代の約4人に1人がセクスティングを経験 Bill Miles-Mint Images/GETTY IMAGES

 コロラド州のデンバーから南西へ180キロほど行ったキャノンシティーという町に、衝撃が走った。11月初め、地元の大勢の高校生がネット上で自らのヌード写真を交換していたことが明るみに出たのだ。

 ニューヨーク・タイムズ紙によれば、キャノンシティー高校のフットボール部員を中心に100人を超す生徒の裸の写真が出回っていたという。児童ポルノの所持と配布は重罪とされているが、今回の事件では関係者の大半が未成年。警察は対応に苦慮している。

 どうして、こんなに大々的なセクスティング(自身の性的な写真などをネット上で交換すること)がこれまで露見しなかったのか。

集団セクスティング?

 そのカギを握るのは、「ボールト(金庫室)アプリ」と呼ばれるタイプのスマートフォンアプリ。秘密にしたい写真や動画、テキストなどを親や他人から隠すためのものだ。パスワードを入力しないと、スマートフォン内の写真などを見られないように設定できる。中には、画面上のアプリのアイコン自体を何の変哲もない計算機に見せ掛ける機能を持ったものもある。

 ティーンエージャーがヌード写真を交換する際、電子メールのほかによく用いられるのがネット上の写真共有サービスだ。

 その種のサービスの中には、投稿した写真がいつまでも保存されたり転送されたりしないように、閲覧期間を制限できるものもある。閲覧開始後10秒で写真が見えなくなる「スナップチャット」も、ずっと写真を見ることができる「インスタグラム」も、過去の集団セクスティングで使用されている。

 ティーンエージャーのセクスティングへの興味は強まっており(12年の調査によれば、4分の1近くがセクスティングの経験があるという)、しかもそれをやりやすくするテクノロジーも急速に進歩している。親や警察関係者の対策は、後手に回っているのが現状だ。

 アーカンソー州のレスリー・ルートレッジ司法長官は、親がボールトアプリについて学び、子供がセクスティングに引き込まれないよう警戒すべきだと言う。「子供にインターネットとの付き合い方を学ばせる最良の方法は、親自身がインターネットについて学ぶこと」なのだ。

[2015年12月 1日号掲載]

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築支援を要請

  • 4

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 5

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 6

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 7

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 8

    【韓国政治データ】文在寅大統領の支持率推移(2019…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    ドイツはプライバシー保護を徹底 京アニ犠牲者の実…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 8

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 9

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 10

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月