最新記事

映画

過剰だけど美しいギャツビーの世界

偉大な小説『華麗なるギャツビー』の映画化は不可能だろうと思いつつ、偏見なしで見てみたら

2013年6月21日(金)14時38分
デーナ・スティーブンズ(脚本家)

秘められた過去 ギャツビー(左)は若き日に恋を成就させられなかったデイジー(中)を夫から奪おうとするが…… © 2012 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

 F・スコット・フィッツジェラルドの小説『グレート・ギャツビー』の語り手ニック・キャラウェイは、「判断を留保するのは、いつまでも希望を抱いていたいからだ」と言う。だから筆者も、この20世紀の偉大な小説を映画にするのは不可能だろうと思いつつ、バズ・ラーマン監督の『華麗なるギャツビー』を偏見なしで見ようとした。

 フィッツジェラルドやマルセル・プルースト、ウラジーミル・ナボコフ、バージニア・ウルフらの小説は文体で読ませるものだから、映画化は難しい。スタンリー・キューブリックの『ロリータ』にはいたずらっぽいユーモアが加えられたが、原作者ナボコフによる脚本は小説の語り口の妖しい魅力をことごとく消し去っていた。

 オーストラリア出身のラーマンは『ロミオ&ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』などの派手な娯楽大作で知られる。『華麗なるギャツビー』でも当然、淡々とした記述の続く原作は目まぐるしい3Dスペクタクルに変わった。

 私は彼の映画を好かない。これでもかと言わんばかりの過剰なビジュアルに疲れてしまうからだ。しかし今回は、それほどひどくなかった。演出がくどいのは予想どおりだが、楽しめる映画に仕上がっている。しかもラーマンは原作の精神を大切に、ひたむきな敬意とポストモダン風の遊び心で取り組んでいる。

 主な舞台となるきらびやかなパーティー場面で流れるのはJay-Z、カニエ・ウェスト、ラナ・デル・レイなどの曲。古いジャズではなく、今風の音楽を使ったのはサントラ盤を売りたいからだろうが、違和感はない。大金持ちになり、ピンクのスーツを着て豪邸に暮らすギャツビーは、今ならラップスターと言っていい。

 物語はアールデコ様式が彩る「狂騒の20年代」に設定されており、時代考証は正確だ。ただし原作と違って、ニック(トビー・マグワイア)は「重篤なアルコール依存症」と精神障害の治療で療養所にいるという意外な設定になっている。
彼は医師にペンと紙をもらい、自分の物語を書き始める。その言葉が3D映像で彼の周囲を漂い、砕け散って雲になる。わざとらしいが、ニックを作家にした思い付きは悪くない。

3D効果でシャツも迫力

 マグワイアは静謐な演技を披露する。彼が朗読する原作の素晴らしい引用は、なんとも心地よく耳に響く。

 物語自体は、アメリカの高校を卒業した人なら誰でも知っているはず。ニックがロングアイランドに借りた家の隣の大邸宅には、正体不明の大富豪ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)が住んでいる。

 ギャツビーが開くパーティーで、ニックは彼からデイジー(キャリー・マリガン)に会わせてくれと頼まれる。

 ギャツビーはかつてニックのいとこのデイジーを愛していたが、若くて貧しかったため恋は成就しなかった。デイジーはいま海を挟んだ対岸で傲慢な金持ちの夫と暮らしている。常にそばにいるのは、親友のゴルフ選手ジョーダン・べイカーだ。

 こうした富裕だが浮草のような人々にニックは引かれる。しかし彼らの軽率さが引き起こした事件をきっかけに、「くだらない連中」と思うようになる。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

3月改定景気動向指数、一致指数は前月比+2.1ポイ

ワールド

朝鮮半島問題の解決、努力することで一致=日中韓サミ

ビジネス

ECB、6月に利下げ開始の可能性=フィンランド中銀

ワールド

米下院外交委員長、台湾総統と会談 「兵器納入は間近
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中