最新記事

映画

ダメ人間の成長を描く『ファミリー・ツリー』

G・クルーニーが悩める父親を演じた話題作には、人物描写にも感情表現にもアレクサンダー・ペイン監督らしさが感じられない

2012年5月11日(金)16時49分
デーナ・スティーブンズ(脚本家)

家族の真実 マット(左)は娘2人とともに、人生を変える旅に出る &co@y;2011 Twentieth Century Fox

 多くの人から絶賛された『サイドウェイ』から7年。アレクサンダー・ペイン監督の新作『ファミリー・ツリー』には期待していたが、とにかくがっかりさせられた(5月18日に日本公開)。ペインの作品はどれも鋭い皮肉と、根底にある人間愛のバランスが素晴らしい。でもコメディーを装ったこのメロドラマの中心にあるのは酸っぱいレモンではなく、ふにゃふにゃのマシュマロだ。

 『市民ルース』の妊娠中絶を考える薬物依存症の女性(ローラ・ダーン)にしろ、『サイドウェイ』のワインを愛する作家志望の教師(ポール・ジアマッティ)にしろ、ペイン作品の主人公は救いがたいダメ人間。それでも観客は、彼らのことが気になって仕方がない。『ファミリー・ツリー』の主人公は、これまでで最も好感のもてる人物だ。でも私はどうしても、彼に心引かれない。

 映画の冒頭、主人公のマット・キング(ジョージ・クルーニー)の「楽園なんてクソくらえ」というナレーションが流れる。ハワイのオアフ島に住み、弁護士として成功し、先祖から受け継いだ広大な土地をカウアイ島に所有する彼には何の悩みもないはずだ、と考える友人たちをマットはうらめしく思っている。

 そう、マットもややこしい問題と闘っているのだ。先祖代々守ってきた原野を開発業者に売却するかどうか決めなければならないし、妻エリザベス(パトリシア・ヘイスティ)はスピードボートの事故で昏睡状態に陥っている。彼女が再び目覚めるかどうかは分からない。

4人組の旅立ちにわくわく

 妻の入院中、父親としてうまく振る舞おうと四苦八苦するマットを、10歳のスコッティ(アマラ・ミラー)と、全寮制の高校から一時帰宅した17歳のアレックス(シャイリーン・ウッドリーが最高の演技をみせる)は冷たい目でみる。育児は妻に任せきりだったマットはこれまで、娘たちとほとんど没交渉だった。

 ところが反抗的だったアレックスが、ふとした瞬間に父に心を許し、こう告白する。私はママが許せない、だって浮気していたんだよ――。やがて浮気相手は地元の不動産業者ブライン・スピアー(マシュー・リラード)で、エリザベスはマットと離婚するつもりだったことも判明する。マットは激怒する一方、スピアーに妻の現状を伝えることを決意。娘2人とアレックスのボーイフレンドを連れて、カウアイ島に滞在するスピアーを訪ねる。

 こうした設定は、ペインが得意とするところ。ヒーローにはほど遠い変人が自分を変えようと、ばかげた冒険の旅をするロードムービーだ。この不似合いな4人組が旅に出たらどうなるのだろう、と私はとてもわくわくした。なのにカウアイ島に着くと、前半のコミカルな雰囲気はたちまちしぼんでしまう。ペインは何もせず、マットたちが海岸線を歩き回り、けんかしながら結び付きを強めていくのをただ眺めて満足しているようだ。

『ファミリー・ツリー』は愛や喪失、悲しみをめぐるつらい真実を突き付ける。一方で、感情表現がどこか不安定に感じられる。真面目くさった不条理か、心揺さぶるメロドラマの2つのパターンしかなく、しかもそれらを切り替えるたびにギシギシという音が聞こえるようだ。ジョークは面白いし、ほろりとさせる場面もある。でもいつものペインの調子とは違う。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米アトランタ連銀総裁、インフレ進展停滞なら利上げに

ワールド

多国間開発銀の改革計画、10月G20会合で議論=ブ

ビジネス

ソニー、米パラマウント買収交渉に参加か アポロと協

ビジネス

ネットフリックス、1─3月加入者が大幅増 売上高見
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 6

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    休日に全く食事を取らない(取れない)人が過去25年…

  • 10

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中