最新記事

映画

不自然なヌード満載の『ラブ&ドラッグ』

ありきたりなラブストーリーに山ほどヌードが出てきても観客はどっちらけ

2011年11月18日(金)16時50分
ジェニー・ヤブロフ

作り手のエゴ ハサウェイやギレンホールが脱げば「芸術」という論理(11月19日公開) © 2011 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 若い女性が胸に変なしこりがあるから診てほしいと医師に言う。彼女はブラウスのボタンを外し、ブラを外して胸をあらわに。だが医師の診断は、ただの虫刺され。

 神経質になり過ぎていたと笑い飛ばす彼女を見ているのは、医師と側にいるインターンだけではない。私たち観客もその胸を拝んでいる。そして続く約1時間、観客はアン・ハサウェイ(とそのインターン役のジェイク・ギレンホール)の裸体をもっと拝むことに──。

『ラブ&ドラッグ』はAクラス級のスターが出演しているが、いたってありきたりなラブコメだ。ギレンホール演じるジェイミーは、大手製薬企業の生意気な営業マン(インターンのふりをしていたのは医者に取り入るため)。ハサウェイ演じるマギーは、不治の病を抱えた自由奔放な女性で、ジェイミーに愛とは何かを教えてあげる。プレイボーイ生活を謳歌していた男がある日、運命の女性と出会い、人の愛し方を学んでいく──ありがちな展開だ。

 しかし監督のエドワード・ズウィックはそれ以上のものを狙ったようだ。マギーが胸をあらわにするシーンをカットしなかったことに彼の野心が表れている。

 今日のハリウッドの論理でいえば、ハサウェイとギレンホールが脱げば脱ぐほど、芸術性の高い作品ということになる。少し前までは、ストーリー的に必要のないヌードシーンで無名の女優がばんばん脱いでいた時代もあった。だが次第にヌードはヨーロッパ風なシリアス性を醸しだす要素として自画自賛すべき芸術のようになってしまった。観客に「君たちは芸術作品を見ているんだ」と念を押すかのように、ストーリーの展開を無視してまでヌードシーンが挿入される。

 別にヌードシーンが必要ないと言っているわけではない。同じくギレンホールとハサウェイが共演して脱いだ『ブロークバック・マウンテン』では、同性愛者の恥辱の感情や繊細で傷つきやすい心を描くためにセックスシーンがあったのは自然だし必要だった。逆にセックスシーンでヌードがないほうが不自然だろう。巧妙にシーツで隠されていたり下着姿でベッドから出てくる不自然もよくあることだ。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

バイデン大統領、米大統領選から撤退表明 「ハリス氏

ワールド

トランプ氏、「ハリス氏のほう負かしやすい」 バイデ

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 5
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 8
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 9
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 10
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中