最新記事

投資の基礎知識

2019年の相場は「亥固まる=小幅な値動きにとどまる」のか

2019年1月8日(火)19時25分
網代奈都子 ※株の窓口より転載

kwasny221-iStock.

<日本には干支で相場の行方を占う格言がある。「こんなもの法則とは言えない」と一蹴していいものか。過去の亥年における日経平均株価の推移を振り返ってみると......>

平成が終わり、新たな時代が始まる今年2019年の株式相場はどうなるのか――。いろいろな人からさまざまな予測が出ていますが、「なにひとつ確実なことはない」というのが株の世界の唯一の真実です。

干支で相場の行方を占う?

日本にはこんな相場格言があります。


辰巳(たつみ)天井、午(うま)尻下がり、未(ひつじ)辛抱、申酉(さるとり)騒ぐ、戌(いぬ)は笑い、亥(い)固まる、子(ね)は繁栄、丑(うし)はつまずき、寅(とら)千里を走り、卯(うさぎ)は跳ねる

日本だけでなく世界の株式相場には、こうした「アノマリー(Anomaly)」がたくさんあり、法則と呼ぶには少々あやふや......ではあるものの時にはその通りになることもあり、何となく気にしている人も多いでしょう。

この干支アノマリーによれば「亥固まる」、つまり亥年の2019年は「小幅な値動きにとどまる」ということですが、実際のところ、過去の亥年の相場はどうだったのか。過去5回の亥年における日経平均株価の推移を振り返ってみましょう。

[こんな検証もやってます]
戌年は投資家が笑う? いろいろあった過去の戌年をプレイバック
株は「5月に売れ」って本当? 過去12年のセルインメイを検証してみた

2007年(平成19年)――リーマンショックの「火種」

kabumado190108-chart2.png

・年始の始値=17,322.50円
・年末の終値=15,307.78円 −2,014.72円(−11.63%)

年の始値と終値だけでも約9%下落しており、あまり「小幅な値動き」でもないですね。

チャートを見ると、日経平均は8月から大幅に下げていることがわかります。この要因は、フランスの大手銀行・BNPパリバが、サブプライムローンが組まれた傘下のファンドの解約を凍結したことで世界中の投資家がパニックになった、いわゆる「パリバ・ショック」によるものです。

世界経済を震撼させた「リーマン・ショック(リーマン・ブラザーズの破綻)」は翌2008年ですが、前年の時点で「サブプライムローンはヤバい!」という空気が漂っていたのに、それでも市場は止まることができなかったことがわかります。

【2007年の新語・流行語大賞】
・(宮崎を)どげんかせんといかん
・ハニカミ王子

1995年(平成7年)――阪神大震災・地下鉄サリン事件

kabumado190108-chart3.png

・年始の始値=19,724.76円
・年末の終値=19,868.15円 +143.39円(+0.73%)

年の始値と終値で比較すれば、まさに「小幅な値動き」となった年。しかし、その間には阪神・淡路大震災(1月17日)、そして地下鉄サリン事件(3月20日)があった国難の一年でした。

前年にはバブル崩壊の混乱が収束し、のちに「失われた20年」と言われる時代がスタート(他の区切り方をする場合もあります)。国内経済が振るわず貿易黒字が増したのはいいものの、アメリカがドル安(円高)政策を進めたことで一時は1ドル80円を切る超円高になりました。

【1995年の新語・流行語大賞】
・無党派
・NOMO
・がんばろうKOBE

なお「無党派」とは、東京・大阪の知事選で圧倒的基盤を持つ政党推薦候補を、無所属の青島幸男氏と横山ノック氏が破ったことによる一語。国難の一年で、新たな風を求めていたのかもしれません。

ニュース速報

ビジネス

独鉱工業生産、10月は予想外の大幅低下 経済成長へ

ビジネス

国土強靭化関連株に買い、息長いテーマ 人材不足でコ

ビジネス

中国、米国産大豆・豚肉の一部の輸入関税免除へ=財政

ビジネス

英フェニックス、スイス再保険の英事業を41億ドルで

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 5

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 6

    鳩山元首相「香港人権法」を批判 習近平と会見も

  • 7

    ヘアカラーと縮毛矯正に潜む乳がん発症リスク

  • 8

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 9

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 10

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 1

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 5

    文在寅大統領は何がしたいのか、なぜ韓国はGSOMIAで…

  • 6

    「反韓」ではなく「嫌韓」なのはなぜ?

  • 7

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 8

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 9

    韓国ボイコットジャパンは競馬にまで 「コリアカップ…

  • 10

    中曽根政権の5年間で日本経済は失われた

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 3

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元恋人バッシング

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 8

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 9

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月