最新記事
中国

昨年42%下落! 中国太陽光パネルメーカー、急拡大による価格急落で政府に介入求める

2024年6月13日(木)10時36分
中国の太陽光パネル ウイグル自治区

6月12日、中国の太陽光パネル製造業界は、設備過剰で製品価格が急落しており、メーカーは政府に早急な投資抑制策を求めている。写真は新疆ウイグル自治区哈密に設置されたソーラーパネル。2018年10月撮影(2024年 ロイター)

中国の太陽光パネル製造業界は、設備過剰で製品価格が急落しており、メーカーは政府に早急な投資抑制策を求めている。上海で開催中の「国際太陽光発電とスマートエネルギー大会」で業界関係者らが政府の介入と業界の協力を訴えた。

中国は、政府の後押しと金銭的なインセンティブによって世界最大のソーラーパネル生産国となっており、太陽光電池モジュールでは世界の生産能力の約80%を占める。アナリストによると、中国メーカーは今年、生産能力を最大600ギガワット(GW)拡大する見通しで、2032年まで世界の需要を満たせる規模となる。

急速な生産能力の拡大が原因で、中国のソーラーパネル価格は昨年42%下落した。

セラフィム・エナジー・グループのリー・ガン会長は大会で11日、「生き残ること、それが目標だ」と窮状を訴えた。

中国太陽光発電業協会(CPIA)の名誉総裁であるトリナ・ソーラーのガオ・ジファン会長兼最高経営責任者(CEO)は「われわれは過剰投資を避けるために力を合わせる必要がある」と述べ、政府にも新規投資を規制するよう求めた。

CPIAによると、昨年6月から今年2月にかけて、少なくとも8社が合計58GW以上の生産能力拡大を撤回または中止した。

アジア太陽光発電業協会のゴンシャン・ジュー会長は、設備過剰と価格下落により業界の利益は70%も下がっているとして、企業にこの業界への新規参入を戒めるよう呼びかけた。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2024トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

2024071623issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年7月16日/23日号(7月9日発売)は「まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50」特集。万引大国アメリカ、月にクマムシ、ウクライナでワインツーリズム、欧州アフリカ海底鉄道…… PLUS クイズ50

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

全国コアCPI、6月は+2.6% コアコアは11カ

ビジネス

フォード、加工場でEVからガソリン駆動ピックアップ

ビジネス

メタ、「レイバン」メーカーに5%出資交渉=WSJ

ワールド

インド中銀、自然利子率の推計値が上昇 金融緩和余地
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親切だった」「世界最大の蚊かと思ったら弾丸」
  • 3
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 4
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 5
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 6
    米副大統領候補バンス氏「ウクライナをプーチンに引…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    トランプ暗殺未遂後の包帯姿を嘲笑したスターウォー…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 10
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中