最新記事

日本企業

シャープ、目の付け所が甘かった? マスク販売サイト混雑でスマート家電にも影響

2020年4月21日(火)18時18分

シャープが生産するマスクの個人向け販売が同日午前、インターネット上で始まった。写真は同社のロゴ。2016年2月に都内で撮影(2020年 ロイター/Yuya Shino)

シャープが生産するマスクの個人向け販売が21日午前、インターネット上で始まった。同社の電子商取引(EC)サイトでは午前10時に購入受付を開始し、アクセスが集中しつながりにくくなった。スマホから家電を操作するスマート家電向けのサービスもつながりにくくなり、サーバーを一部供用していることから、影響が波及したとみられる。

マスクの受付サイトが混雑する中で、エアコンや電子レンジなどの白物家電をインターネットを通じてスマホから操作できるサービスもつながりにくくなった。マスク購入のために必要な会員登録サイトと家電をネットで操作するための登録サイトがサーバーを一部共有しており、サーバーへの高負荷が影響したようだ。

同社の広報担当者は「マスクには大きな反響を頂いたが、ご迷惑をおかけすることになり申し訳ない」とコメント。詳細な原因については調査中としている。

シャープのマスクは当初、1日あたり3000箱(15万枚)の販売とし、生産能力の増強に伴い同1万箱(50万枚)を目指す。5月10日まで毎日午前10時に在庫を補充する。

不織布マスクでウイルス飛沫や微粒子を99%カットするという。1箱50枚入りで2980円(税抜、送料別)。購入日を含め3日間は再購入できない。送料は全国一律660円。

シャープは政府の要請を受けて三重工場でのマスク生産を2月28日に決め、3月31日から政府向けに出荷を開始した。

*内容を追加しました。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【関連記事】
・コロナ抗議デモ拡大、トランプが反抗をけしかけ「ミシガンを解放せよ」
・米カリフォルニア州で新型コロナウイルス抗体検査 感染者、公式統計の40倍の可能性
・コロナの余波「食品値上がり」──世界的な買いだめと売り惜しみの悪循環
・夏には感染は終息する、と考えていいのか?


20200428issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年4月28日号(4月21日発売)は「日本に迫る医療崩壊」特集。コロナ禍の欧州で起きた医療システムの崩壊を、感染者数の急増する日本が避ける方法は? ほか「ポスト・コロナの世界経済はこうなる」など新型コロナ関連記事も多数掲載。

ニュース速報

ビジネス

イタリア格付け見通し、安定的に引き上げ 格付けは維

ビジネス

米債市場、急激な流動性逼迫の再発リスク残る=NY連

ビジネス

仏、英との通商交渉で軟化か 漁業権で妥協の可能性=

ビジネス

米国内のウィーチャット利用継続へ、連邦地裁が禁止差

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検出された

  • 2

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国になる?

  • 3

    全米で大統領選控え記録的な銃購入ラッシュ 初心者殺到、選挙結果の混乱への「恐怖心」で

  • 4

    オーストラリアで太陽光発電し、シンガポールに送電…

  • 5

    最後のテレビ討論はトランプの「やや勝ち」 バイデ…

  • 6

    イギリス分断を際立たせるコロナ第2波、当初の結束は…

  • 7

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 8

    感染拡大を助長する現代の「害まく人」トランプの大…

  • 9

    変質してしまった韓国の公休日『ハングルの日』、増…

  • 10

    韓国と中国、通貨スワップ協定の5年延長で合意=韓国…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 6

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 10

    日本の科学者は「給料安い」「ポンコツ多い」(一流…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 9

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月