最新記事

新型コロナウイルス

コロナ抗議デモ拡大、トランプが反抗をけしかけ「ミシガンを解放せよ」

GOP Governor Criticizes Trump for Encouraging State Protests

2020年4月20日(月)15時20分
ジェイソン・レモン

外出禁止令の延長に「3密」で抗議する人々(テキサス州オースティン、4月18日) Callaghan O'Hare-REUTERS

<外出制限より仕事を返せと主張する命知らずの抗議デモが広がり始めた>

アメリカの一部の州では、新型コロナウイルス感染抑止のための「自宅隔離」や「外出禁止」などの厳しい措置に対する抗議デモが広がっている。そしてドナルド・トランプ大統領がそれをけしかけている、とメリーランド州のラリー・ホーガン知事(共和党)は批判した。

ホーガン知事のメリーランド州では4月18日にデモが起きた。州都アナポリスでデモ隊が派手に車を走らせ、旗を振り、警笛を鳴らした。

新型コロナウイルスの感染者数は全米でまだ増加を続けており、トランプ政権が16日に発表した経済活動再開のためのガイドラインの条件はまだ整っていない。それでもデモ参加者たちは、経済活動の再開と職場復帰、自由や人権の回復を求めた。

「デモをけしかけるのは有益ではない」と、ホーガンは19日のCNNのインタビューで語った。「大統領が示したガイドラインでは、感染者数の減少が14日間続かなければ、経済活動を再開はできない。メリーランド州でも、他のデモが起きた州でも、感染者数はまだ増え続けている」と、説明した。

ミシガン州ランシングで4月16日に行われたデモ


ホーガンはデモ参加者が訴えた不満には理解を示し、安全にできるだけ早く経済活動の再開に向けて努力したい、と語った。

しかし、一刻も早く感染抑止措置を解除しアメリカ経済を再起動したいトランプは17日、「ウイルスより失業が怖い」と、マスクも社会的距離を確保することもせずにデモを行う人々に対し、「ミネソタを解放しろ」、「ミシガンを解放しろ」、「バージニアを解放しろ」と連続で応援のツイートをした。

「多くの抗議デモが行われ、知事たちはうろたえただろう」と、トランプは後に語った。「他人にああしろこうしろと命令される必要がない人間もたくさんいるのだ」

命を捨てろというメッセージ

やはり抗議デモが起きているミシガン州のグレッチェン・ホイットマー知事(民主党)はこう反論した。

「ミシガン州は、死者数が全米で3番目に多い。そしてミシガンはアメリカで10番目に大きな州だ。これがいかに大きな問題かは誰でもわかるだろう」と、ホイットマーは19日のCNNの番組で語った。「大きな州であるがゆえに被害は不釣り合いに大きい。だからこそ、私たちは州民を守るために特別に厳しい措置をとる必要がある」

ワシントン州のジェイ・インスリー知事(民主党)も、ABCニュースのインタビューでトランプを厳しく批判した。

「アメリカの大統領が規律違反を奨励するとは。こんなことがアメリカで起きることは、私の知る限り、ありえない」と、インスリーは19日に語った。「これは危険なことだ。国民に、命を救うために必要なことを無視させるなんて」

ジョンズ・ホプキンス大学の追跡調査によれば、19日午後の時点で、アメリカでは72万人以上がコロナウイルスに感染していることが確認された。そのうち3万4000人近くが死亡、6万5000人近くが回復している。

(翻訳:栗原紀子)

<参考記事>米ミシガン州で「ウイルスより経済が心配」と命知らずの抗議デモ
<参考記事>トランプ、経済再開へ指針公表 各州にそれぞれの状況に合わせ3段階アプローチ提言

20200428issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年4月28日号(4月21日発売)は「日本に迫る医療崩壊」特集。コロナ禍の欧州で起きた医療システムの崩壊を、感染者数の急増する日本が避ける方法は? ほか「ポスト・コロナの世界経済はこうなる」など新型コロナ関連記事も多数掲載。

ニュース速報

ワールド

中国ロケット残骸、9日までに大気圏再突入の予想=米

ワールド

アングル:乾燥化進むブラジル、「貯水の森」再生目指

ビジネス

アングル:ワクチンパスポートは航空業界の「救世主」

ビジネス

焦点:投資家がアジア国債保有見直し、相対的に安全な

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 7

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 8

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 9

    メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

  • 10

    コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 6

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月